トップページ 送料 お支払 カートを見る
香典返しマナー 法事引き出物マナー 問い合わせ マイページ

宗教によるお葬式の流れを詳しく

仏教の作法にしたがっての葬儀(仏式)

故人を極楽浄土へ御見送りするための葬儀です。
宗派によって若干の違いがありますが、もっとも一般的な葬儀の体裁といえます。

 1)参列者、喪主、遺族が着座
 2)僧侶が着座
 3)式を始める
 4)僧侶が読経を始める
 5)弔事を読む
 6)弔電(電報)を読む
 7)喪主→遺族→親族の順番で焼香
 8)参列者が順に焼香
 9)僧侶が退場
 10)献花、故人の愛用品を棺に納める
 11)遺族代表が挨拶
 12)出棺



神道の作法にしたがっての葬儀(神式)

 1)参列者、遺族が着座
 2)神官が着座
 3)開式の辞
 4)修祓の儀
 5)降神の儀
 6)神官祭詞を奏上
 7)弔事を読む
 8)弔電(電報)を読む
 9)玉串を奉典
 10)神官が一拝
 11)神官が退場
 12)遺族代表が挨拶
 13)閉式の辞




キリスト教の作法にしたがっての葬儀

死は『終わり』ではなく、故人に与えられた生涯を神に感謝し、全知全能にして愛の象徴ともいえる神にその全てを委ねることだと考えます。 故人への愛と敬意を表わし、遺族に対しても慰めと励ましを葬儀の目的としています。

 1)一同で祈り
 2)賛美歌を合唱
 3)棺に聖水を撒く
 4)神父の追悼説教
 5)賛美歌を合唱
 6)弔事を読む
 7)弔電(電報)を読む
 8)遺族代表が挨拶
 9)棺に聖水を撒く
 10)献花と賛美歌を合唱
 11)出棺




無宗教での葬儀

自由葬とも呼びます。 特定の宗教にとらわれずに自由に決めて葬儀を進行してゆきます。 生前に故人が好きだった音楽を流したり、思い出の品や写真を飾ったりする場合が多くあります。

<例>
 1)親族、参列者が着席
 2)開会
 3)黙祷
 4)弔事を読む
 5)弔電(電報)を読む
 6)生前に故人が好んだ歌の生演奏やビデオなど
 7)喪主、親族、参列者の順番に献花
 8)遺族代表が挨拶
 9)閉会



社葬

企業の代表者、役員などその功績を讃えるために、遺族とともに会社が執り行う葬儀の体裁です。
近年では、遺族で家族葬をおこない、社葬は葬儀会館を使用せず、 四十九日前にホテルなどで 『偲ぶ会』 や 『お別れの会』 を執り行う場合が多くなっています。



家族葬

密葬とも呼びます。 近親者と本当に親しかった方だけで執り行う葬儀の体裁です。
近年、家族葬が増えている理由として、核家族化や高齢化が進み、近所づきあいが少なくなったことがあります。
また、周囲への気遣いや対応に追われることなく、ゆっくりと本人と別れる時間をもち、親密に送りたいという想いがあるようです。



直葬

葬式を行わずに棺を直接火葬場に運び、親族にも知らせずに家族だけで火葬のみ執り行う葬儀を指します。

直葬を選ばれる事情は様々です。 故人に親族が無い、高齢で知人が殆ど居ない、費用がかけられない、葬祭業者への不信感、故人の希望など、これまで色々なお話しをお聞きしました。

直送とはいえ、僧侶に読経を依頼することもできますし自由にお考えいただいていいと思いますが、 最後にお別れをしたかった故人の親戚、知人、友人などいらしたら、その方たちのお気持ちを考える必要があります。

亡くなってからというもの、「(お亡くなりになったとは)知りませんでした・・・」 といって 週末に突然お参りに来られる方がしばしばあります。

「お焼香に伺ってもいいですか・・・?」 といって御電話があって一人一人週末お迎えしなくてはいけないので、一年近く経っているのに 今でも何となく落ち着きません。

皆様のお話をお聞きする限り、簡単に済ませようと思っていたのに逆に大変なことになったということもあるようです。



自由葬

伝統的な形式にとらわれない葬儀全般をさして呼びます。
故人の好きだった音楽を演奏したり、ロビーに故人の写真や遺品を展示することが増えてきました。
通常は菊ばかりの白木祭壇も、さまざまな花が選ばれるようになり、
時にはバラを使った生花祭壇なども見かけることがあります。
会場についても葬儀会館ではなく、ホテルなど参列者が集まりやすい場所を選ぶようになり
プログラムも家族が自由に決めれる点が特徴的です。



お客様お便りネット
お客様お便り手紙
お客様お便り福岡
全国送料無料
宅配便追跡可能

法事のご案内
初盆と新盆
カタログギフトランキング

日本製検索

香蘭社と今治タオルがコラボ!
お茶と椎茸
香典返しのよくある質問
電話
受付担当者

スタッフ
受付担当者

ページトップへ