トップページ ご利用案内 マイページ カートを見る

1個からのご注文でも承ります (のし・挨拶状・包装も対応)

香典返しや法事引き出物にのし紙を掛けて全国発送

パソコン利用のすすめ 全国送料無料

【即日】出荷可能 と表示がございますお品は物流センターに常時在庫がございます。

香典返しマナー

香典返しの熨斗

香典返しのし紙や、法事引き出物に掛けるのし紙の上書き一覧を以下にご案内いたします。

一般的に仏事のし(熨斗)紙は、二度と繰り返して欲しくない場合に使われる『切り結び』を使用します。 当社では蓮の絵が入ったものを仏式ののし紙(仏教=蓮)としていますが、その他の宗教では蓮の絵が入らない黄色と白の水引のし(熨斗)紙を使用します。

地域によっては特徴あるのし紙(掛け紙)や記し方がございますので、ご遠慮なくご要望を当社にお申し付けくださいませ。


香典返しのし紙


香典返し挨拶状について(無料)<<<

水引の下にはお名前(姓)が記されます。  全て薄墨(うすずみ)で印刷いたします。

戒名を添えるときは短冊に書いて左肩に貼るようにします。

志
仏教 最も一般的 おくる時期を問いません
仏教の香典返しについて<<<

満中陰志
満中陰志のし
仏教 49日以降のお返しに使用<主に関西>
満中陰志のお返しについて<<<

七七日忌 志
七七日忌志
仏教 49日以降のお返しに使用<主に関東>

志(黄白のし)
志(黄白)
キリスト教
キリスト教の香典返しについて<<<

偲び草(黄白のし)
偲草(黄白)
神道
神式の香典返しについて<<<

忌明 志
忌明志
仏教 49日以降のお返しに使用
忌明けのお返しについて<<<

法事引き出物のし紙


法事の引出物には 『法事用ご挨拶カード』をおつけします(無料)<<<

忌明
忌明
49日満中陰法要の引出物

初盆
初盆
法事の引出物
初盆の返礼品について<<<

一周忌
一周忌
法事の引出物
法事の返礼品について<<<

三回忌
三回忌
法事の引出物

七回忌
七回忌
法事の引出物

三十三回忌
三十三回忌
法事の引出物

茶の子(蓮)
茶の子
法事引き出物(西日本)
茶の子について<<<

茶の子(黄白のし)
茶の子
法事引き出物(西日本)

一年祭(黄白のし)
一年祭
神道 一年祭の引き出物

粗供養
粗供養
仏教 葬儀当日の会葬御礼品・法事引き出物


『志』 とは感謝の意を表すのし書きです。また、『満中陰志』とは、四十九日法要を終えた報告の意味を含み、近畿から西日本でよく使われるのし書きです。なお、『中陰』とは仏教では『あの世とこの世の間』をさします。死後49日かけて無事成仏し天国へ昇ったことを『中陰』が満ちて『満中陰』と表します。


『内のし』 『外のし』 について色々な理解がありますが、当社では内のしでご対応いたしております。


本来 正式には内のしですが、予め商品を包装しておいて在庫し、葬儀の都度、のし(熨斗)紙のみ付けると、『作業が楽だから・・』という業者側の都合で 外のしが一般的になってしまっている地域もあります。そのような場合でも上記の理由から内のしに誤りはありませんが、ご年配の方などを安心させてあげる意味でも 当社は外のしのご対応もいたします。ご希望の方はご注文時にご指定くださいませ。


のし紙

近頃 お香典返しの品物にのし(熨斗)紙を掛けず、一枚で『のし』と『挨拶状』を兼ねたようなカードが使われることがあります。これは販売業者の手間を省くためのもので、故人へのお志を戴いた方へ大変失礼なものとなります。あくまでも のし(熨斗)紙は心を込めるもので、礼状はそれに添えるものです。


実は包装ラッピングの作業に於いて、異なるサイズの品物ごとに のし(熨斗)紙のサイズとその数を調べ、印刷する場合にはサイズ毎に原稿を作らなければなりません。のし(熨斗)紙も各種・各サイズ 在庫しておかなければなりません。これらのことはなかなか手間がかかるところです。


和光では日本の伝統である のし(熨斗)紙 を掛けて、お礼状を添え、心を込めて正式に包装いたします。


香典返しの包装
和光 仏事用包装紙(色:グレー)
包装紙

のし紙(掛け紙)・包装ラッピング・手提げ袋についてのQ&A一覧

のし紙(掛け紙)の水引はどのようしてよいか判りません?選んでもらえますか?
弔事に使用されるのし紙(掛け紙)の水引は繰り返さないこと(弔事は繰り返して欲しくない、葬儀が続いてほしくない)ということで、結び切りの水引のし紙(掛け紙)を使用します。
志 志(黄白)
そのなかでも、仏教では黒と白の水引のし(蓮の絵が入ることがあります)を使用し、仏教以外(神道やキリスト教など含む)について弔事用に利用されるのし紙は全て黄色と白の水引ののしを使用いたします。
仏教では蓮の絵があり、黒と白の水引で仏教を表現しています。その他は仏教以外全部に使える黄色と白の水引と考えて頂いて結構です。
あらためて黒と白の水引は仏教のためののし、黄色と白の水引はその他何にでも使えるのし紙(掛け紙)とイメージしてください。
葬儀は仏教でしましたが、行きつけの百貨店では黄色と白の水引のし紙(掛け紙)を用意してくれました?百貨店が間違っているんですか!
仏教で 結び切りの黄色と白の水引のし紙(掛け紙)を使用することは間違いとは言えませんが、これが本来正しいということでもありません。

以前は、全国の百貨店で正しく使い分けされていたものですが、百貨店の売り場のテナント化がすすんでからは、 誤りとして追及されないグレーな部分での標準化をすすめられた百貨店の店舗があります。 具体的には、デパートの売り場には、各メーカーさんから販売員が派遣されています。 したがってデパートの社員さんが販売をしていないことがほとんどで、 食品フロアの御菓子A社の売り場と、リビングフロアのブランドタオルB社の売り場では販売員さんは、それぞれA社、B社の社員ということになります。

そこで、各売り場では弔事以外にもさまざまな用途があるなかで、複雑な弔事ののし紙について社員に教育を徹底することが現実的に難しいということがあります。 百貨店も自社の社員でない数多くのテナントの販売員に弔事ののし紙の誤り(キリスト教に仏教ののし紙を用意してしまった・・・など)を保証しきれない、そのようなリスクを回避したいという事情があるようです。
もちろん、正式にのし紙を提案してくれる百貨店もありますから、全てがということではありません。どうぞ誤解ありませんように。
のし紙(掛け紙)はどのように書いてもらえばよいのですか?
水引の上部分に薄墨(うすずみ)で「志」と記せば全国的に間違いにはなりません。
また、関西地域では「満中陰志」そして、関東では「七七忌 志」「七七日忌 志」などとすることが多くございます。
通常のし下には薄墨(うすずみ)で喪家の苗字のみを記しますが、郡部などその地域に同一姓ばかりなどの特殊な場合でフルネームを記すこともございます。 のしについてもご参照ください。

のし紙(掛け紙)の表書きは希望通りにできますか?
「粗供養」「七回忌 志」などのように、また、宗教の関係で特殊な文字を記すことが必要な場合にもご指示のとおりに対応させていただきます。
また、ご家族の事情からお名前を連名で記す必要があるなど、様々なご要望に柔軟に対応いたしております。ご遠慮なくお電話ください。 0120-22-0102
内のし外のしはどちらが良いのですか?
弔事や慶事にかかわらず、本来のし紙は内のしとします。従って弊社でも内のしでご用意しております。
地域によっては地元のお菓子屋さんの影響力が強い地域があります。そのような地域では、 お菓子屋さんは自動包装機でまとめて包装してその上に賞味期限のシールを貼って各店舗に商品を供給します。
各店舗ではその場の対応でのし紙を貼りますので、どうしても外のしになってしまします。

このような理由から、昔からお菓子屋さんの影響力が強い地域では法事ではまたは慶事において『外のしが普通よね・・・』という雰囲気になってしまします。

また、近年では葬儀会社さんがすすめる即日香典返しなどの影響もこれと同様になっています。
本来なら内のしとなるところ、あらかじめ大量に商品を包装済みで用意しておいて、葬儀発生の注文時にのし紙だけを貼るということで外のしとされます。

これらの理由からもわかりますように、外のしとなる場合はほぼ全て業者側の都合ということになります。ですからきちんと事前に商品を用意して先様へ差し上げる場合には内のしにされることをおすすめいたします。 ネット上などで見られる外のしの理由は、ほぼ全て業者側の後付けの理由と理解できます。

それでも、年長者の方のご指南があったりする分には、それに従い『外のし希望』とご指示くださいませ。もちろんきちんと対応いたしております。
志 と 忌明志・七七忌志・七七日忌志・満中陰志 などはどう使い分けるのですか?
全て仏教の香典返しに記すのし書きですが、(関東)忌明志・七七忌志・七七日忌志・(近畿)満中陰志などは四十九日の法要以降にお返しする場合にのみ記し、は時期を問わず四十九日の法要の前後どちらでも間違いにはならない一番一般的なのし書きといえます。
四十九日・七七日忌・満中陰についてもご参照ください。
お寺宛にもお品を用意しますがのし紙はどうしたら良いのですか?
葬儀ではお寺の住職から香典を包まれることは無いので、四十九日に用意する香典返しは無いと思われます。
したがって、お寺宛てのお品とは一般的に四十九日などの法事の返礼品(引き出物)になります。
法事の引き出物でしたら、のしの表書きは、「忌明」「四十九日忌」「志」等とし内のしでご用意ください。
※志は香典返しから年忌法要の引き出物まで弔事の返礼について何にでも使用でき、誤りにはなりませんから、どうしてよいかわからない場合は「志」とされてください。
手提げ袋はつけてくれますか?
手配り用にご自宅や職場などへお届けするお品、また先様へ一括で複数個数の発送ごご指定いただいております場合(おまとめ発送)については 商品サイズにあわせた手提げ袋を商品の個数分お付けいたしております。 手提げ袋についてもご参照ください。
手提げのサイズは少し大きいサイズで欲しいのですができますか?
弊社からご用意させていただくお品物と別に、故人が好きだった地元のお菓子や、特別に用意した何かも一緒に手配りしたいなどのご要望にも柔軟に対応いたしております。 備考欄にご入力ください。もしくは、お電話をいただければ大きめのサイズをご用意させていただきますのでご遠慮なくお電話でお申し付けください。 0120-22-0102
先様への配送時の様子が見たい
弊社から先様へ直接発送させていただきます場合には、商品正面にのし紙をあて、挨拶状と一緒に仏事包装紙で包みます。
さらに外装紙(カタログギフトの場合は配送専用ケース)で包み、運送会社さんの送り状はその外装紙(カタログギフトの場合は配送専用ケース)の上にお貼りします。

宅配専用ケースでお届け 宅配便専用ギフトケースでお届けします
カタログギフトを専用の化粧箱にお入れした上で包装します

カタログギフトを専用の化粧箱にお入れした上で包装します。
さらに宅配便専用ケースで大切に保護してお届けいたします。

カタログギフトを専用の化粧箱にお入れし、のし・ご挨拶状をセットいたします
 1.カタログギフトを専用の化粧箱にお入れし、のし・ご挨拶状をセットいたします。
 2.その上から丁寧に包装いたします。
 3.さらに包装したものを宅配便専用ケースで保護して発送いたします。

全国送料無料で即日出荷可能! 全国送料無料 挨拶状無料
熨斗包装無料 手提げ袋を無料 喪中はがきを無料で作成

ページトップへ