香典返しマナー
香典返しマナー


お問合せ カタログギフト割引用商品はイヤです
香典返しマナーについて

香典返しのマナー

香典袋の表書き 香典を渡すタイミング
香典金額の目安 通夜・葬儀のどちらに参列すべき?
供物や供花 宗教別の葬儀の流れについて
通夜・葬儀での挨拶の雛形一覧 喪中(欠礼)ハガキ
香典返しが届いたかどうか相手に尋ねる 当日返しで返礼する香典返し
全国のギフト専門店
東日本   中日本   西日本
年忌法要
通夜・葬儀のどちらに参列すべき? お別れ会・偲ぶ会 返礼品について
中元や歳暮はどうする 香典返しを英語で伝える
四十九日(満中陰)

 

香典袋の表書き

 

現金を包む金封には 『御霊前』 と 『御仏前』 があります。どちらの袋を使うと良いのでしょうか?

 

よくお耳にするご質問です。

 

一般的に四十九日(満中陰)の法要より前におつつみする場合は『御霊前』、四十九日(満中陰)の法要より後の場合は『御仏前』とします。

 

厳密には宗教・宗派にしたがって異なります。

 

浄土真宗では人は亡くなれば即浄土に往生するということで、「霊」という概念が無く『御霊前』を用いません。また、曹洞宗・臨済宗などの禅宗では教義に 「浄土」 がありませんので 「成仏以前」 という考え方がなく、「御仏前」とするのが一般的です。ただし、故人に対してではなく「ご本尊に捧げる」という意味であるなら「御仏前」でも間違いはありません。

 

キリスト教でもカトリックは「御霊前」を許容していますが、プロテスタントではNGなど、突然の葬儀や御別れ会にあたって、相手方の宗教・宗派を理解したうえで会葬することは難しいので、忌明の法事の前には『御霊前』 、後には 『御仏前』 と上書きされてはいかがでしょう。

 

 

香典を渡すタイミング

 

香典をお渡しするのは通夜・告別式のどちらでもかまいません。

 

両方に列席する場合は、最初に弔問した時にお渡して、告別式では記帳を行うだけにします。 現金を入れた香典はふくさに包んで持参するものです。ポケットやバッグにそのまま入れるのはマナー違反ですので注意が必要です。 差し出す前に住所・氏名と包みの中に金包みが入っているかを確認して「御霊前にお供えください」とひと言を添えて、係の人にお渡しします。 香典袋にお金を入れ忘れて帰宅後に気がついた場合、すぐに喪家に連絡して後日に改めて送ります。

 

香典金額の目安

1)香典は、目上に薄く目下に厚くが原則で、月収の2%~3%が目安。
  偶数と九は避け、地方のしきたりや宗派の違い、家風まで考慮して包んで渡します。

  祖父母 1~2万円
  両親 5~10万円
  兄弟、姉妹 3~5万円
  おじ、おば 1万円
  上司 3千~1万円 上司の不幸に部下が相場を超えて包むのは失礼にあたる
  同僚 3千~1万円
  隣人 3千円
  販売先には 5千~5万円 ランクで決める
  仕入先・同業者には 5千~3万円

2)香典返しは半返しが常識。
  3千円なら千円、1万円なら5千円くらいの予算で、全体を3ランクぐらいに分けて、品物でお返しします。

3)法要の御供物料
  法要に招かれたとき  1万円


通夜・葬儀のどちらに参列すべき?

故人と縁が深い場合や、大変お世話になった方の場合は双方共、普通の交際の場合は都合の良い方に参列します。
葬儀は平日の日昼に執り行われるので、近頃では通夜の参列者の方が多い事があります。
香典は通夜・葬儀と両方共出席する時は通夜で供え、葬儀では記帳のみします。

遠方に住んでいたり、都合で通夜にも葬儀にも参列できない時は、とりあえず弔電を打ちます。
文章はあまり長くならず哀悼の意を伝えるのみとします。

その後、弔問の手紙を添えて香典を送ります。

現金をそのまま便箋の間にはさむのは失礼に当たるので、
かならず中包をして「御霊前」「御香典」などと表書きをして送ります。

香典の表書きは薄墨で、上段中央には

 仏教式では「御香典」「御香料」

 神道式では「御花料」「御榊料」「御玉串料」

 キリスト教では「御花料」「御弔慰料」

などとします。

「御霊前」なら宗教に関係なく使えます。

下段中央には自分の姓名を控えて少し小さく書きます。
大勢のものは表に「○○○一同」などの総称、中に内訳を書いた紙を入れます。


供物や供花

 

供物とは神仏に供える物をいいますが、葬儀に際して霊前に供えるものは宗教によって違いがあるので、心得ておく必要があります。

 

■仏教式は花環・生花・果物・菓子・線香・ろうそくなど

 

■神道式は花環・生花・果物・菓子・酒・ろうそくなど

 

■キリスト教式は白一色の生花のみで飲食物は供えません。

 

また、プロテスタントは祭壇への供物は受けますが、カトリックでは供花は置かれませんので、お花は教会へは届けず、葬家に贈られます。例外として幼児の葬式では生花を飾ることがあります。

 

生花や供物は死亡の知らせを受けたら通夜・葬儀に間に合うようにただちに会場へ届けます。 葬儀場によっては持ち込みを禁止する残念な会社がありますので、事前に確認が必要です。 持ち込みを断られた時は、葬儀場へ予算を伝え、全てまかせなければなりません。 どうしても想いを込めた希望の供物をお供えしたい場合はご自宅へお届けすると良いでしょう。

 

のし紙は基本的に上のし(包装の上からのし紙を掛ける)にします。 生花や盛かごは、品物に見合った大きめの短冊が用意されているので販売店が準備を致します。

 

企業や団体の場合は、

 

  (株)●●●● 社長 ▲▲▲▲▲

 

  (営)※※※※ 理事長 ■■■■■

 

と書くのではなく、以下のように、正式な名称・肩書き・姓名を書きます。

 

  株式会社●●●● 代表取締役社長 ▲▲▲▲▲

 

  営業法人※※※※ 理事長 ■■■■■

 

列席者も見るので注意をして依頼しなければなりません。 なお、供花や供物をお供えしても香典は現金で別に包むのが正式です。

 

通夜・葬儀のどちらに参列すべき?

 

故人と縁が深い場合や、大変お世話になった方の場合は双方共、普通の交際の場合は都合の良い方に参列します。 葬儀は平日の日昼に執り行われるので、近頃では通夜の参列者の方が多い事があります。 香典は通夜・葬儀と両方共出席する時は通夜で供え、葬儀では記帳のみします。

 

遠方に住んでいたり、都合で通夜にも葬儀にも参列できない時は、とりあえず弔電を打ちます。 文章は短くし、哀悼の意を伝えるのみとします。その後、弔問の手紙を添えて香典を送ります。 現金を便箋の間にはさむのは失礼なので、 必ず中包をして「御霊前」「御香典」などの表書きをして送ります。なお、宗教により上段中央に以下のように記します

 

 仏教式では「御香典」「御香料」

 

 神道式では「御花料」「御榊料」「御玉串料」

 

 キリスト教では「御花料」「御弔慰料」

 

「御霊前」なら宗教に関係なく使えます。

 

下段中央には自分の姓名を小さめに書きます。 グループでおくる時には表に「○○○一同」などの総称、中に内訳を書いた紙を入れるようにします。

 

中元や歳暮はどうする

 

「今年は喪中なのですが、中元(歳暮)はしてはいけないのですか?」 時期になるといつも承る相談です。

 

結論から申しあげますと、通常どおり中元(歳暮)はいたします。

 

喪中の家庭では11月に年賀欠礼ハガキを出しますが、これは「新年のご挨拶ができません。お許しください」という意味です。 一方、中元(歳暮)は「御世話になりました」という感謝を伝える贈り物です。これらの二つはそれぞれにその意味合いが異なります。

 

香典返しを英語で伝える

 

外国へおくる香典返しや(日本→外国)、香典返しをした方が良いと思われる在日外国人にアドバイスが必要な場合に、以下の英語表現をご利用下さい。 若干の違和感があっても以下の英語表現と感謝のお心さえあればお気持ちは届きます。ご安心ください。

 

(英語表記)

Sending gifts in return for a funeral offering is called as "Koudengaeshi" in Japan.

Please accept our deepest gratitude with "Koudengaeshi".

 

(英語発音)

センディング ギフツ イン リターン フォ ア フューネラル オファリング イズ コールド アズ コウデンガエシ イン ジャパン。

プリーズ アクセプト アワー ディーペスト グラティテュード ウィズ コウデンガエシ。

 

(日本語訳)

葬儀でいただきました香典に対してお送りするギフトを日本では『香典返し』と呼びます。

当家の心からの感謝として、お香典返しをどうぞお受け取り下さい。

 

四十九日(満中陰)

 

「七七日」満中陰の法要は、特に重要な法要です。

 

通常はこの日に近親者や友人を招き、白木の位牌を黒塗りの位牌に替えて忌明け法要を営みます。

 

遺骨を墓に埋葬し、忌明けの宴を開いて精進落とし、形見分け、香典返しをします。

 

昔から「慶事は伸ばし、弔事は繰り上げる」習慣から、勤め人の参加を考え本来の満中陰日より早い 土日祝日に行います。忌明けが3カ月にかかる場合は「49日(始終苦)が3月(身につく)」という語呂を嫌って、五七日(35日)を忌明けとします。

 

葬儀後、忌明けまで49日間の法要後の宴席は、肉や魚など生物を避け、酒を飲んだりしない「お斎」と呼ばれる精進料理にするのがしきたりです。 そして四十九日には身内と死者との「食い分かれ」をし、「精進落し」をして通常の食生活に戻ります。

 

そんな精進落しも四十九日、三十五日から今では七日目、五日目、三日目となり、ついには葬儀の当日に行われています。

 

精進料理を手作りする家は少なくなって、仕出し料理や寿司を取り寄せたり、レストランや料亭に出向いたり、 中には宴席を省略して引出物と折詰めを持ち帰るだけ…というのもあります。

 

葬儀後丁寧におつとめする家では、7日ごとに「粗供養」の品を変えて渡し、そして満中陰には香典を頂いたすべての方に香典返しをします。 また、葬儀に台所手伝いをしてもらった家には満中陰に石鹸やハンカチセットなどを持ってお礼に伺います。 葬式当日のお礼には黄白のかけ紙、初7日以後のお礼の品には紅白かけ紙を使用して、上書きには「御礼」「薄謝」「志」とします。

 

 

香典は時代と共に変化し、現在では故人の親族やその親族に係わる者が、葬式費用の支援を込めて現金を包みお供えするものと思われていますが、本来は故人の冥福を祈って香や灯明・花などを供えたものでした。

 

後日亡くなった事を知り、お線香を供えたり、喪中見舞いとしてお線香を贈るのはその名残りと云えます。

 

大切な人が亡くなり失意の底にある時、香典や供花あるいは慰めの言葉を頂く事は大変有り難く、悲しみのなか遺族には心救われる思いがします。この思いは経験した者にしかわからないでしょう。

 

そこで早急に済ませる諸手続きなど完了し1ヶ月程度過ぎて少し落ち着くと、お世話になった方々への感謝を伝えたいという気持ちになります。丁度、それが仏教では35日か49日の忌明けの頃、 神道では30日祭か50日祭の祭事の頃、キリスト教では1ヶ月目の追悼ミサ・召天記念日の頃にあたります。

 

子細な謂(いわれ)や解釈が地域ごとにそれぞれ伝わっていますが、40年以上にわたりお香典返しの仕事をさせていただき思い至る事は、『何事も流れ』ではないかという事です。

 

香典返しの時期にしても一段落するのは葬儀から1ヶ月以降になりますし、品物選びについても香典返しは数が多くなるだけに最大公約数的な、どちらの家庭にも無駄にならない寝具・タオル・お茶・海苔など無難な商品になります。

 

とはいえ、健康・相続・事故・転居など特別な事情がある場合には遅れてしまう事がありますが、周囲の理解は得られます。

 

不明な点につきましては、地域の信頼おける専門店に相談すれば様々な事情に対処した答えを得る事が出来ます。当社ではお電話でのご相談も承っております。

 

0120-22-0102

 

「何事も誠心誠意、真心を尽くせば解決する」

 

私たちが43年にわたってお香典返しのご相談を承って感じる事です。あまり気を揉まず、事にあたられてください。
お問合せ QA
香典返しマナー
香典返しマナー
香典返しマナーについてトップへ戻る

 

ページトップへ