香典返しマナー
香典返しマナー


お問合せ カタログギフト割引用商品はイヤです
香典返しマナーとしきたりについて

香典返しのマナー

ご近所への香典返し 葬儀の事前準備として知っておきたいこと
繰上げ法要の際の香典返し 香典返しに添える手紙について
覚えておくと役に立つ香典返しの知識

近所への香典返し


『香典返しをご近所分も全部 宅配便で発送してください・・』
『この方も(送り先を指して)ご主人のお香典返しを宅配で送ってきたから・・・近所ですが発送にしてください』

このような場合には『せめてご自宅の玄関先から見える範囲か もしくは同じ番地でしたら、ご挨拶をされて香典返しをお渡しするようにしてください』とご案内いたしております。


例えばこのような場合、

喪主様のご自宅: ○○市富士町3-12-3
発送先:     ○○市富士町3-12-10

事務的に運送会社が配達するよりも持参してご挨拶する方がお礼の心が伝わります。実際、運送会社の送り状を手にすると、 いよいよご近所なのに挨拶もせずに「事務的に返しているだけ」とちょっと感じが悪くもあります。

『なんといってご挨拶したらよいかわからないから(口上が判らない)・・・発送してください』
ご近所
そんな方には『葬儀の際はお世話になりました。お陰様で満中陰(49日)の法要も終わりました。これからは母が一人になりますが、今後ともよろしくお願い致します。』

 や

ご近所 『葬儀の際はお世話になりました。おかげさまで満中陰(49日)の法要も終わりました。今後 母は私たちと一緒に住むように考えています。 のちほど具体的になりましたら、あらためましてご連絡いたしますのでよろしくお願い致します。』

 など、ご近所へはひとこと挨拶されることをおすすめいたします。

また、『葬儀の後に一度会ってご挨拶してしまったから、、、』ということもよく耳にしますが何度同じ挨拶をしても不自然ではありません。相手が恐縮されることがあっても、丁寧な気持ちは先様にきちんと伝わるので『感じが悪い・・』にはならないと思います。

<地域からの孤立・無縁社会を考える>
ご近所 特に私たちのような仕事に係わる者は高齢化の問題を日常的に感じています。 ご主人に先立たれた奥様が、お一人でご自宅に残られるというケースをよく拝見します。
家族に先立たれ独居老人となられた後に、孤独死が問題となりますが、 葬儀と香典返しをきっかけに、少し時間をかけてでもご近所へは 挨拶まわりをして地域との係わりを深めることをおすすめいたします。
一人暮らしの父親または母親を故郷に残さなければならない場合、葬儀後の事務処理も多く大変だと思いますが、 できればお母様(お父様)と一緒にご近所へ香典返しをお届けすることをおすすめいたします。
地域社会とのちょっとしたフェイスtoフェイスの関係と相互理解があることで これからの毎日、『体力』や『気力』が少しづつ弱くなるお母様(お父様)が地域社会に 色々と助けられる事があると思います。
お問合せ QA
香典返しマナー
香典返しマナー
香典返しマナーについてトップへ戻る

ページトップへ