トップページ 送料 お支払 カートを見る
香典返しマナー 法事引き出物マナー 問い合わせ マイページ

香典返しの由来・予算金額や相場について

香典返しの全国的な目安は 「半返し」 といって、いただいた香典金額の半分くらいお返しするのが目安となります。
不幸があったとき、昔は親戚や近所の人々が『物』を持ち寄って、故人の供養をしました。
遺族の方々を助け励ますという気持ちの表れは以前のままに、現在は それらの『物』が『香典』に形を変えているのです。
香典のお返しは、昔のように交際の範囲の狭い時代には、代々のつきあいであり、 死が誰にでも平等に必ず一度訪れるものとして、香典は 『頼母子(たのもし)』 や 『無尽(むじん)』や 『口座(こうざ)』 に由来しますが、香典返しの習慣の無い地域もありました。 ところが日本全国都市化し、人々の交流が広域化すると、広く浅い付き合いに変化したことから、次の機会に先様で葬儀があっても知らされない場合があります。
また、引越や転勤で縁が途切れる事があります。
そこで、その都度いただいた香典に対して、きちんとお返しをする香典返しが 現代では一般的になってまいりました。
昔は葬儀の費用は今日の様に高くありませんでした。葬儀の費用を精算したら、集まった香典金額の半分以上が残っていたと言うことです。したがって「半返し」とはお葬儀の代金を精算した後に残った金額を、お世話になった皆様にお返しをしたいと言う喪家の思いから始まったものです。

まとめ

香典返しの全国的な目安は「半返し」と言って、頂いたお香典の金額の半分くらいでお返しするのが目安です

全国送料無料で即日出荷可能! 全国送料無料 挨拶状無料
熨斗包装無料 手提げ袋を無料 喪中はがきを無料で作成
お問合せ QA
香典返しマナー
香典返しマナー
香典返しマナーについてトップへ戻る

ページトップへ