トップページ 送料 お支払 カートを見る
香典返しマナー 法事引き出物マナー 問い合わせ マイページ

香典返しに添える手紙についてお答えします

葬儀や通夜で香典をいただいたら、礼儀として香典返しをします。品物で返礼する習慣が定着していますが、そこに手紙を添えると一層感謝の気持ちが伝わります。ここでは、手紙を書く時のポイントをご紹介します。

1.香典返しに添える手紙の構成

香典いただいた方へ送る手紙の書き出しは葬儀に参列し、香典を供えてくださったことに対する感謝の気持ちを書くのが一般的です。
やむを得ない事情で葬儀に参列できなかった方の中には、香典を郵送してくださる方もいます。
感謝の気持ちと無事に法要を終えたことを報告し、故人の思い出話などを書くといいかもしれません。
そして最後に、直接お礼を申し上げられないことをお詫びする一文を必ず入れてください。
また『お悔やみの言葉』や『弔電』をいただいた場合も、お礼状を送るようにしましょう。
その際の一般的な内容は『時候の挨拶』『気にかけてくれたことへのお礼』『締めの挨拶』『喪家の家族を連名で』書きます。もし可能であれば、こちらも『故人の思い出話』も書いておくといいでしょう。

2.香典返しに添える手紙を書く時には句読点を付けない

香典返しに添えるお礼状は、「、」や「。」といった句読点を文中に入れません。また行頭も揃えなければいけないとされています。しかしこれはあくまで習慣で、決まりではありません。

また、会葬礼状に句読点を入れることもタブーとする説はいくつかあります。
そもそも毛筆で書く手紙には句読点を使用していなかった。そのため会葬礼状にも使用しないのが正式という説。『葬儀が滞りなく流れるように』という意味から文章を切る「、」や「。」を使用しなかったという説もあります。
句読点を入れても間違いではありませんが、昔からの慣例に倣って書くとよいでしょう。

3.香典返しの数によって挨拶状を印刷する

家族葬などの小さな葬儀では香典返しの数が少なくなるので印刷の挨拶状ではなく、一人一人にお手紙を用意すると感謝の気持ちが届きます。

一方で葬儀の規模が大きくなり、発送件数が多い場合には、一人一人に手紙を用意するのは現実的ではないので、伝統的な挨拶状を使用すると良いでしょう。どうしても特別な方にだけは、印刷の挨拶状に加えて手紙を添えると良いでしょう。
香典返しの挨拶状

まとめ

・香典いただいた方へ送る手紙の書き出しは葬儀に参列し、香典を供えてくださったことに対する感謝の気持ちを書く。

・感謝の気持ちと無事に法要を終えたことを報告し、故人の思い出話などを書くと良い。
・そして最後に、直接お礼を申し上げられないことをお詫びする一文を必ず入れるようにする。

・お悔やみの言葉や弔電をいただいた場合も、お礼状を送る

・香典返しに添えるお礼状は、「、」や「。」といった句読点を文中に入れない。

全国送料無料で即日出荷可能! 全国送料無料 挨拶状無料
熨斗包装無料 手提げ袋を無料 喪中はがきを無料で作成
お問合せ QA
香典返しマナー
香典返しマナー
香典返しマナーについてトップへ戻る

ページトップへ