香典返しマナー
香典返しマナー お問合せ

香典返しの金額や相場

不幸があったとき、昔は親戚や近所の人々が『物』を持ち寄って、故人の供養をしました。
遺族の方々を助け励ますという気持ちの表れは以前のままに、現在は それらの『物』が『香典』に形を変えているのです。
全国 香典のお返しは、昔のように交際の範囲の狭い時代には、代々のつきあいであり、死が誰にでも平等に必ず一度訪れるものとして、香典は 『頼母子(たのもし)』や『無尽(むじん)』や 『口座(こうざ)』 に由来しますが、香典返しの習慣の無い地域もありました。
ところが日本全国都市化し、人々の交流が広域化すると、広く浅い付き合いに変化したことから、次の機会に先様で葬儀があっても知らされない場合があります。 また、引越や転勤で縁が途切れる事があります。そこで、その都度いただいた香典に対して、きちんとお返しをする香典返しが現代では一般的になってまいりました。
昔は葬儀の費用は今日の様に高くありませんでした。葬儀の費用を精算したら、集まった香典金額の半額以上が残っていたと言うことです。したがって「半返し」とはお葬儀の代金を精算した後に残った金額を、お世話になった皆様にお返しをしたいと言う喪家の思いから始まったものです。
香典返しの相場としては、妻子(成人していない子)を残し、世帯主が亡くなった場合のお返しは控えめに。 反対に長寿を全うされ、喪主が社会的に認められている場合には多めにお返しを準備されます。
また、『上に薄く・下に厚く 返す』 と云って、高額の香典には低めに、そして低額の香典には高めの品選びをされます。
高額の香典金額となる方はご親戚でしょうし、低額は縁が遠い方(他人)のお包みですので、『他人様ほど きちんとお返しをする』という合理的な考え方だといえます。
ここで申しました <身内への薄いお返し>が<三分の一返し>で、<他人様への厚いお返し> は<半額のお返し>といわれるものです。

香典返しは予算も大事ですが、その品物が予算に見合う価値であるかが盲点となります。価値ある品物で感謝の気持ちを伝えたいあなた。詳しくはこちら。
即日香典返しをした場合はどう考えるのか?
今日では葬儀会社がすすめる当日返し(即日返し)が地域によって定着しました。葬儀当日に2000円の品物をすすめる葬儀会館もあれば、5000円程度の品物をすすめられる葬儀会館まであります。当日香典返しについてはさまざまな議論がありますが、喪家としては判らないままにお願いし、当日返しが終わった場合に四十九日の香典返しをどのようにするかが問題となります。
高額の香典金額をいただいた方への返礼は 1万円÷2 - 当日香典返し  でよいでしょう。
例えば金額が一万円の場合 半返しの5000円 - 3000円 = 2000円 が香典返し予算の目安となります。
即日香典返し・会葬御礼品について

まとめ

香典返しの全国的な目安は 「半返し」 といって、いただいた香典金額の半分(半額)くらいお返しするのが目安となります。

全国送料無料で即日出荷可能! 全国送料無料 挨拶状無料
熨斗包装無料 手提げ袋を無料 喪中はがきを無料で作成
お問合せ QA
香典返しマナー
香典返しマナー
香典返しマナーについてトップへ戻る

ページトップへ