トップページ 送料 お支払 カートを見る
香典返しマナー 法事引き出物マナー 問い合わせ マイページ

通夜・葬儀のどちらに参列すべき?

故人と縁が深い場合や、大変お世話になった方の場合は双方共、普通の交際の場合は都合の良い方に参列します。
葬儀は平日の日昼に執り行われるので、近頃では通夜の参列者の方が多い事があります。
香典は通夜・葬儀と両方共出席する時は通夜で供え、葬儀では記帳のみします。
遠方に住んでいたり、都合で通夜にも葬儀にも参列できない時は、とりあえず弔電を打ちます。
文章はあまり長くならず哀悼の意を伝えるのみとします。

その後、弔問の手紙を添えて香典を送ります。

現金をそのまま便箋の間にはさむのは失礼に当たるので、
かならず中包をして「御霊前」「御香典」などと表書きをして送ります。

香典の表書きは薄墨で、上段中央には

仏教式では「御香典」「御香料」

神道式では「御花料」「御榊料」「御玉串料」

キリスト教では「御花料」「御弔慰料」

などとします。

「御霊前」なら宗教に関係なく使えます。

下段中央には自分の姓名を控えて少し小さく書きます。
大勢のものは表に「○○○一同」などの総称、中に内訳を書いた紙を入れます。

全国送料無料で即日出荷可能! 全国送料無料 挨拶状無料
熨斗包装無料 手提げ袋を無料 喪中はがきを無料で作成
お問合せ QA
香典返しマナー
香典返しマナー
香典返しマナーについてトップへ戻る

ページトップへ