トップページ 送料 お支払 カートを見る
香典返しマナー 法事引き出物マナー 問い合わせ マイページ

香典袋の表書きをお教えします

現金を包む金封には 『御霊前』 と 『御仏前』 があります。どちらの袋を使うと良いのでしょうか?

よくお耳にするご質問です。

一般的に四十九日(満中陰)の法要より前におつつみする場合は『御霊前』、四十九日(満中陰)の法要より後の場合は『御仏前』とします。

厳密には宗教・宗派にしたがって異なります。

浄土真宗では人は亡くなれば即浄土に往生するということで、「霊」という概念が無く『御霊前』を用いません。また、曹洞宗・臨済宗などの禅宗では教義に 「浄土」 がありませんので 「成仏以前」 という考え方がなく、「御仏前」とするのが一般的です。ただし、故人に対してではなく「ご本尊に捧げる」という意味であるなら「御仏前」でも間違いはありません。
キリスト教でもカトリックは「御霊前」を許容していますが、プロテスタントではNGなど、突然の葬儀や御別れ会にあたって、相手方の宗教・宗派を理解したうえで会葬することは難しいので、忌明の法事の前には『御霊前』 、後には 『御仏前』 と上書きされてはいかがでしょう。
全国送料無料で即日出荷可能! 全国送料無料 挨拶状無料
熨斗包装無料 手提げ袋を無料 喪中はがきを無料で作成
お問合せ QA
香典返しマナー
香典返しマナー
香典返しマナーについてトップへ戻る

ページトップへ