トップページ 送料 お支払 カートを見る
香典返しマナー 法事引き出物マナー 問い合わせ マイページ

繰上げ法要の際の香典返し

人が亡くなると、通夜や告別式を行ない、火葬、法要、納骨というのが一般的な流れです。これまで行われていた一般葬の他、今では家族葬や密葬、直葬など、葬儀も多種多様となってきています。葬儀後の法要も、通常七日毎に行われる四十九日法要ではなく、繰上げ法要を選ぶ場合が増えています。

繰上げ法要とは

四十九日法要は故人が仏になるまでの間、故人が亡くなった日から七日毎に親族が集まる法要です。亡くなった日から数日で葬儀が終わり、それから3~4日して初七日を迎えるのが一般的で、短い期間に二度集まることになります。しかし、親族が遠方にいることも珍しくなくなった現代では、短期間に二度も集まるのが現実的に難しいこともあり、遠方からの会葬者への配慮から、初七日を繰り上げる繰上げ法要を行なうことが増えています。
火葬当日に初七日を行なう繰上げ法要には2パターンあり、火葬前に行なうのが「繰り込み初七日」、火葬後に行なうのが「繰り上げ初七日」です。火葬前に初七日を行うと、火葬後に四十九日法要までの日程を調整でき、現代のライフスタイルから火葬前の繰り込み初七日が選ばれることが多いようです。さらに、四十九日法要を当日に繰り上げる地域もあります。どんな場合でも、気持ちを込めて法要を行うことが大切です。

繰上げ法要での香典返し

繰上げ法要での香典返しに悩むこともあるのではないでしょうか。繰上げ法要では、葬儀と法要それぞれに香典を包む方、葬儀は香典で法要はお菓子などのお供えをする方、葬儀のみ香典を包む方など、参列者によって香典の出し方が異なる場合があります。香典返しは、四十九日法要が終わった後に葬儀、法要それぞれの返礼品を渡すのが一般的です。
葬儀と法要が別々だった場合でも、一つにまとめることもあります。また、当日返しで列席者に同じ返礼品をお渡しし、高額の香典があれば改めて返礼品を用意するのも良いでしょう。葬儀や用法、香典、香典返しは地域によって全く異なることもあるので、地元の習慣に合わせる、親族や周囲と相談しておくと安心です。
全国送料無料で即日出荷可能! 全国送料無料 挨拶状無料
熨斗包装無料 手提げ袋を無料 喪中はがきを無料で作成
お問合せ QA
香典返しマナー
香典返しマナー
香典返しマナーについてトップへ戻る

ページトップへ