トップページ 送料 お支払 カートを見る
香典返しマナー 法事引き出物マナー 問い合わせ マイページ

香典返しの変化

40年以上お香典返しの御世話をしてまいりますと、香典返しの姿も次第に変化してまいりました。
以前は仏式で忌明け後(三十五日または四十九日) 神式で五十日祭の後が ほとんどでしたが、
近頃では葬儀後一ヵ月の頃、ご準備される方が多くなりました。
お客様から しばしば寄せられるお言葉に 『法事でお顔をあわせる時、まだお世話になったお礼をしていないと、ご挨拶がお詫びからはじまることになる。 だから一日でも二日でもよいから法事の前に届くようにお香典返しを送ってほしい』 との相談があります。
一般生活を見渡して見ても、全てスピードが早くなっています。香典返しが早まっているのも このような世の中のながれの一つなのでしょう。

まとめ

三七日(みなぬか)を過ぎたら香典返しを送って早目のご挨拶をする方も増えている。

全国送料無料で即日出荷可能! 全国送料無料 挨拶状無料
熨斗包装無料 手提げ袋を無料 喪中はがきを無料で作成
お問合せ QA
香典返しマナー
香典返しマナー
香典返しマナーについてトップへ戻る

ページトップへ