トップページ ご利用案内 マイページ カートを見る

法事や法要の意味と準備マナー

ワンランク上の法事引き出物をおくりたい|巻紙挨拶状

1個からのご注文でも承ります (のし・挨拶状・包装も対応)
パソコン利用のすすめ 全国送料無料

【即日】出荷可能 と表示がございますお品は物流センターに常時在庫がございます。

法事・法要についてとご準備


法要とは、本来、仏教において釈迦の教えを知るということを意味しました。今日では追善供養のことを指すようになり、亡き人の成仏をたすける儀式として遺族が集まり冥福を祈るようになっています。

法事とは仏法の行事全般のことを意味します。そのため法事には一周忌や三回忌などの年忌法要のほか、年中行事となっているお盆やお彼岸なども含まれます。また死者を弔う儀式のほかに、寺の創立記念や新しい堂宇の完成記念や仏壇の開眼などの慶事も含まれます。

四十九日法要についてはこちら

年忌法要についてはこちら

法事 ご案内ハガキ 無料ダウンロード

四十九日法要


四十九日法要とは満中陰法要・忌明け法要・七七日忌法要ともいわれ、亡くなって七度目の七日で中陰が満ちる(忌中が明ける)ことを意味します。 仏式では亡くなった日から数えて七日ごとに初七日(しょなぬか)二七日(ふたなぬか)三七日(みなぬか)四七日(よなぬか)五日(いつなぬか)六七日(むなぬか)と遺族のみで行われる法要(中陰)が続き、七七日(なななぬか)を迎えます。

忌中(中陰の期間)には、七日ごとに閻魔大王様による裁き(テストのようなもの)が行われ、極楽浄土に昇れるかどうかの審判が(最終テストである)満中陰において下されるとされてきました。 遺族が僧侶と祈りを捧げることによって生前の故人の善行を加えていくという意味からこれを追善法要とも呼びます。 特に初七日の法要は最初の、四十九日法要は最後の審判となるので葬儀に次いで盛大なものとなります。

(釈迦は菩提樹の下で悟りを開いた後に七日ごと場所を変えて瞑想し四十九日間をかけて悟りの境地を確認した。 つまり、釈迦は四十九日かけて新たに生まれ変わったと云われています。・・・忌日法要はこのお話をルーツにしているようです。)

四十九日法要では皆で読経の後、会食の場をもち故人を偲びます。また位牌についても葬儀のときに用意した白木の仮位牌から本位牌に取り換えます。

四十九日が年末年始にかかってしまったり、葬儀から3ヶ月にかかってしまったりする場合には三十五日法要をもって早めに忌明けとすることもありますが、これは耳が遠い年配の方が聞き違えたりなどして、それを聞いた親族縁者が縁起が悪いと考えたからと云われます。四十九日が三月(みつき)にまたがる → しじゅうくがみにつく ( 始終 苦が身につく ) この満中陰を三十五日で行うかどうかの判断は お寺に決めてもらうと一番良いでしょう。

埋葬および納骨について


四十九日法要を終えて喪家宅の祭壇に安置している遺骨を埋葬します。忙しい今日では四十九日法要の日に済ませてしまうことが一般的となりましたが、 昔は一年程ご自宅に安置しておき二~三年程後に墓に納骨することも珍しくはありませんでした。
都市部においては墓地の確保が難しいことから寺院や霊園の納骨堂を利用し永代供養(寺院が永年にわたり供養と管理)してもらうことがあります。

四十九日法要は次の手順で準備します



場所と日程の決定

喪家宅もしくは菩提寺で執り行います。全員が参加できるように日程調整し四十九日直前の土日祝日とします。

菩提寺への連絡

菩提寺で法要を行う場合は菩提寺に、菩提寺が遠方の場合は葬儀で依頼した最寄りの寺に依頼をします。早目に相談をするよいでしょう。

案内状の郵送

法要の場所・日時が決まり次第、案内状を郵送しますが、遅くとも一ヶ月前には済ませるようにします。


仕出しもしくは会食場所、引き出物の手配

料亭、仕出し料理、引き出物を仮手配し、参加人数が確定次第業者と調整します。 また仮位牌は四十九日をもって仏壇に納める正式な塗位牌となりますのでこの時期に手配します。

墓石業者への手配

古くから代々の墓があれば墓石業者に新仏(にいぼとけ)の俗名(ぞくみょう)と命日を墓石に彫刻するように依頼します。

埋葬許可証と寺院へのお布施を用意

葬儀の際に受け取る埋葬許可証と寺院へのお布施を忘れずに用意します。

四十九日法要のながれ


一般的に以下の流れとなりますが、納骨や会食が前後しても構いません。

・僧侶の読経
・焼香
・僧侶の法話
・墓に移動し納骨、僧侶の読経
・会食の場所に移動し、施主挨拶
・施主の御礼
・引き出物を参列者に手渡す


四十九法要の引き出物の熨斗(のし)

 

 四十九日・満中陰の引き出物につける熨斗 




巻紙のご挨拶状


法事法要(9)仏教
挨拶状 <仏教>


引き出物によく選ばれるお品


昔は法事の引き出物には茶筒やお盆など形に残る品が多かったのですが、近頃ではのり・お茶・椎茸などの消耗品や カタログギフトが多く選ばれているようです。 一般的に お客様が手に提げてお帰りになる際、重たくない品が良いと思われます。


年忌法要


葬儀の後、一周忌から続ける年単位の法事を年忌法要といい、故人の月命日(逝去の日)もしくはその前の土日祝日に執りおこないます。

葬儀の翌年は一周忌、続いて二年目には三回忌とします。

一般的に四十九日、一周忌、三回忌までは親類縁者皆に集まっていただきます。 七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌と続く法要については近親者のみで小さく法要を執りおこないます。 三十三回忌や五十回忌法要は一族皆が集まり弔い上げを盛大に行います。
最後に弔い上げとして行う三十三回忌や五十回忌の法事は盛大に営まれます。この頃には精進料理にとらわれることなく肉や魚も食されます。また引き出物につけるのし紙の水引も赤白となります。

年忌法要 一覧

一周忌法要1年後 近親者全員集う
三回忌法要2年後 近親者全員集う
七回忌法要6年後 近親者全員集う
十三回忌法要12年後
十七回忌法要16年後
二十三回忌法要22年後
二十七回忌法要26年後
三十三回忌法要32年後 近親者全員集う
五十回忌法要49年後 近親者全員集う


法要日程

次の手順で年忌法要の準備します。

菩提寺への連絡


菩提寺の住職に相談し、忌日前の土日祝日で皆が集まりやすい法要の日時を決めます。

法事の場所を決定


菩提寺や霊園併設の法要施設、または自宅で執り行います。

会食の場所を決定


法要を終えてた後会食をします。仕出しをとって自宅で行うか、もしくは飲食店に依頼し座敷を用意してもらいますが、。

法事の案内状を送付


集まっていただきたい近親者へ案内状を送ります。

お越しくださる方の都合をご考慮され命日の前の土日祝日に執り行います。

引き出物を用意する


会食には引き出物と引き菓子を付けます。デパートやギフト専門店、インターネットのギフトサイトで依頼するとよいでしょう。 御布施やお供物の準備もしておくようにします。

年忌法要の引き出物の熨斗(のし)

法要の引出物の熨斗(のし) 三十三回忌  法要の引出物の熨斗(のし) 七回忌
法要の引出物の熨斗(のし) 三回忌  法要の引出物の熨斗(のし) 一周忌など

巻紙のご挨拶状


法事法要(9)仏教
挨拶状 <仏教>

初盆用ご挨拶状(13)
初盆でご使用頂ける挨拶状の文例

引き出物によく選ばれるお品


昔は茶筒やお盆など形に残る品が多かったのですが、近頃はのり・お茶・椎茸などの消耗品やカタログギフトが多く選ばれているようです。手に提げてお帰りになることを考えて重くない品物が良いとされます。

法事のご案内はがき無料ダウンロード


<Microsoft Word をご利用>プリンタで らくらく印刷



手順

①『ダウンロード』 & 『名前をつけて保存』
② 日付や文面はご自由にお直しいただけます。
③ プリンター設定を 『往復はがき』 にして印刷する(郵便番号が枠に収まらない場合は手書きしてください)
④ 宛先を手書きしてください
⑤ ポストに投函

 法事祭壇


法事引き出物のご注文にあたりお客様のご質問をまとめてみました。

全国送料無料で即日出荷可能!送料無料発送完了メール
香典返し挨拶状礼状無料
のしかけ 包装無料手配り 手提袋
年賀欠礼喪中はがき

ページトップへ