トップページ 送料 お支払 カートを見る
香典返しマナー 法事引き出物マナー 問い合わせ マイページ

1個からのご注文でも承ります (のし・挨拶状・包装も対応)

香典返しやカタログギフトを全国送料無料(一部商品を除く)でご案内

ワンランク上の香典返しをおくりたい|巻紙挨拶状 無料作成

パソコン利用のすすめ 全国送料無料

【即日】出荷可能 と表示がございますお品は物流センターに常時在庫がございます。

法事・法要の事前の段取りについてどうしたらよい?

60日前

1. 場所を決める

一般的にご自宅か、菩提寺にてとりおこないます。
場所を自宅か、お寺かを決められてからお寺様にご相談されるとよいでしょう。

60日前

 

2. 菩提寺への依頼する

早めにお寺様のご都合をお尋ねすると希望する日程が確保できます。

60日前

 

3. 法要日と場所を決める

命日が平日の場合には皆様の都合もありますので、一般的に直前の土・日曜日に前倒しします。

40日前

4. 会食の式場を決める

法要後の会食をする場所を決めます。

30日前

5. 法要案内状の制作・発送する

法要・法宴の日時および場所が決まりましたら、案内状を用意し、郵送する。

【無料ダウンロード】

<Microsoft Word をご利用>
プリンタで らくらく印刷



手順

① 『ダウンロード』 & 『名前をつけて保存』
② 日付や文面はご自由にお直しいただけます。
③ プリンター設定を 『往復はがき』 にして印刷
(郵便番号が枠に収まらない場合は手書きしてください)
④ 心をこめて 宛先を手書きしてください
⑤ 心をこめて ポストに投函

7日前

6. 引き出物・引き菓子を手配する

引き出物引菓子

5日前

7. お花・お供え・送迎車を手配する

生花や籠盛り(かごもり)などの供え物を必要に応じて手配する。
また当日、お寺と法宴会場の移動に必要な車を手配する。

前日

8. ご住職様への謝礼を用意する

お包みする金額について、同じ菩提寺でお世話になっている身近な年長者がいらしたら、その方に相談するとよいでしょう。身近な方が思い当たらない場合、ご住職に直接ざっくばらんに尋ねる方が近年増えています。表書きは「御経料」もしくは「御礼」と記します。

当日

9. ご法事の当日

ご住職様からのご指示に従って進行してください。 法事・法要の当日の進行はどうする?

  1. ご住職の読経
  2. お焼香
  3. ご住職の法話
  4. お墓参り(49日法要の方は納骨式もある)

当日

 

10. ご法宴

ご法要の後は参列者をもてなす会席(お斎)を設けます。上座にはご住職様に座っていただき、つづいて喪主は隣に着座します。他の家族は末席に着座します。

  1. 施主の挨拶
    ご住職様・お客様へのお礼、遺族の近況と続けます。最後に『故人を偲びながら、お料理をお召し上がりください』と結ぶ。
  2. ご住職様の挨拶と献杯
  3. 故人を偲びながらの会食
  4. ご住職様への謝礼
  5. 宴席の終了



 法事法要の引き菓子(お菓子)についてご説明

●法事・法要の引き菓子(お菓子)とは

日本では昔から食べ物を添えて品物を贈る習慣があります。仏事に限らず、婚礼でも引出物に引き菓子(お菓子)、その他 かまぼこ、お酒など地域によって様々、数種類を揃える事があります。 自宅で待っている家族への「おみやげ」ということでしょう。


法事 引き出物に 引き菓子(お菓子)

3016 粋撰菓
2,000円+消費税



 法事当日の進行

年忌法要の式次第

【一同着座】  故人と血縁が近い順番に上座から座ります。

【施主挨拶】  「只今より〇〇〇(戒名・法名)の〇回忌法要をつとめさせていただきます」と挨拶。

【導師着座】  ご住職(導師)にならい合掌。

【読経】     静かに耳を傾ける。足が痛む場合は正座をくずしても構わない。

【焼香】     読経の途中で僧侶が焼香を促がすので、従って下さい。

【法話】     読経が終了し僧侶のお話があります。

【お墓参り】   お墓が近い場合には、中座しお墓参りという流れになります。お供え物、お花、ローソク、線香、塔婆があれば塔婆(そとば・そとうば)を持っていきます。

【施主挨拶】   施主は下座へ移動し、一礼した後、無事法要が終了した旨を報告し、つづけてお礼の挨拶を述べる。


一般的に30分程度で終了しますが、地域や宗派によりさらに時間をかける場合もあります。

お斎(おとき)

お斎とは 法要終了後の会食のことをさします。 手作りの料理でおもてなしするか、仕出しを取るか、
あるいは参加者皆で料理屋へ移動します。

また、折り詰めの弁当に日本酒の小瓶をつけて参列者に配り、会食を省略することもあります。

ご家庭の事情でお選び下さい。

 【お斎での挨拶例】

本日はお忙しいなか、お集まりいただきまして誠に有難うございます。
おかげさまで、○回忌法要を滞りなく済ませる事ができました。
○○寺住職さまにはお経を賜りまして厚く御礼申し上げます。
また、皆様からはお供えを頂戴し心から御礼申し上げます。
粗酒粗肴をご用意しておりますので、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎ下さい。

オリジナル彫刻ワイン



法事のお返し(返礼品)は、会食がそろそろ終了というタイミングを見計らって配られます。
法事のお返しが配られると会食終了と理解されますから早すぎないように注意してください。
僧侶へのお布施は法要行事が終了後に、お盆にのせ住職から見て正面になるよう差し出して下さい。



ページトップへ