トップページ 送料 お支払 カートを見る
香典返しマナー 法事引き出物マナー 問い合わせ マイページ

1個からのご注文でも承ります (のし・挨拶状・包装も対応)

香典返しやカタログギフトを全国送料無料(一部商品を除く)でご案内

ワンランク上の香典返しをおくりたい|巻紙挨拶状 無料作成

パソコン利用のすすめ 全国送料無料

【即日】出荷可能 と表示がございますお品は物流センターに常時在庫がございます。

 会食の段取りについてお答えします

四十九日の法事の後や一回忌・三回忌といった年忌法要が終わった後には食事が振舞われるのが一般的です。
これをお斎と呼びます。決められた時間内に食べる斎食(さいじき)が由来となっています。

ここでは、お斎に使われる料理の内容や手配の仕方を知っておきましょう。


食材について、料理の決まりについて:

本来は肉や魚など殺生をともなう素材を避け、野菜・山菜・海草・穀物を使った精進料理が使われていましたが、
今日ではあまりこだわる必要は無いようです。したがって、特別な料理でなくてもかまいません。



食事の段取りについて:

まずは料理を出す場所ですが、自宅で法要をおこなう場合には、そのまま自宅で食事を出してかまいません。

ホテルや旅館、レストランや料亭などの会場を利用することも多いようです。

高齢者が多く、移動に不自由が生じる場合には、法要の後、そのまま自宅や寺に仕出しの弁当を取り寄せることで、
施主も含め皆さん楽に法要を過ごすことができます。

自宅での場合、仕出しばかりではなく手作りでお食事をご用意されると良いでしょう。
会食のながれについて:

事前に僧侶もお食事にご案内しておき、ご辞退されない場合は、僧侶を正客として座っていただきます。
施主は末席に座りますが、あとはこだわらずに予め席次を決めなくてもよいでしょう。

食事の前には施主がお礼と挨拶をしてから、料理に箸をつけてもらい、2時間程度でお開きとします。


告別式からの法事法要をする


中陰法要

亡くなってから四十九日までの間を中陰と呼び、七日毎、計七回の法要を営みます。
七日目に初七日法要、十四日目に二七日(ふたなのか)法要、
以下同様に三七日、四七日、五七日、六七日、四十九日(満中陰)法要と続きます。
初七日法要は、火葬場から戻ってすぐに精進上げと同時に営まれることがあります。
二七日から六七日にかけての七日毎の法要は、僧侶を迎え読経してもらいます。
特に人は呼ばず家族だけで営みます。
忙しくて留守がちということから省略されるケースも耳にしますが
お願いすればお寺に於いて中陰の法要をつとめていただくこともできます。

七回目の中陰法要、つまり四十九日法要を以って満中陰を迎えるといい、
俗に言う「忌明(きあけ)」「喪が明ける」にあたります。
四十九日が告別式から三ヶ月にまたがる場合、五七日(三十五日)をもって取り上げの「忌明」とする地域もあります。
七七日(四十九日)法要には、親族や親しかった友人を招きます。
一般的には、この日に納骨埋葬も行いますので準備は早めになされる必要がございます。


百ヶ日

亡くなってから百日目の法事です。僧侶を迎え読経してもらいます。一般的に家族だけですませます。


初盆・新盆

初めて迎えるお盆をさします。新盆供養とも呼ばれます。
親戚を始め、親しかった人や仕事関係の方も多くお参りに来られます。
お盆行事は地域によって様々ですから、詳しくは菩提寺さまにご相談ください。


一周忌

翌年の命日に行う法要で、親族や親しかった友人を招きます。


三回忌


二年目の命日で三年目ではないのでご注意ください。
一周忌同様に執り行いますが、一般的にこの法要までがお葬儀からの一連のながれの大きな区切りとなります。


七回忌、十三回忌、十七回忌


六年目、十二年目、十六年目に営まれます。規模が縮小され、一般的に家族で営みます。


二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌


二十二年目、二十四年目、二十六年目のどれかで1回営まれます。
何年目に行うかは宗旨と地域で異なるようです。
詳しくは菩提寺さまにお尋ね下さい。


三十三回忌


三十三回忌をもって最後の法要とする地域もあります。
その場合は、最後ということで盛大に営まれる事が多いようです。


五十回忌

一般には、五十回忌をもって弔い上げとすることが多く、したがいまして盛大に営まれる法要です。

ページトップへ