トップページ ご利用案内 マイページ カートを見る

1個からのご注文でも承ります (のし・挨拶状・包装も対応)

香典返しやカタログギフトを全国送料無料(一部商品を除く)でご案内

ワンランク上の香典返しをおくりたい|巻紙挨拶状 無料作成

パソコン利用のすすめ 全国送料無料

【即日】出荷可能 と表示がございますお品は物流センターに常時在庫がございます。

法事お返し.com

法事のマナー
法事や年忌法要は故人の霊を弔う追善供養であるとともに、故人の思い出話や親族縁者の今の話などで一族の絆を強くする集まりです。 そんな法事のお返しや引き出物に最適な品を集めてみました。皆様に喜ばれる引き出物をお選びください。 もしも法事のお返しについて判らないことがございましたら、お気軽にお問合せ下さい。0120-22-0102

オリジナル彫刻ワイン

 

久右衛門メディア情報
冬の季節に最適な林久右衛門のお吸物をご紹介いたします。
「香典返しのお品にどれを買えば良いか分からない」とお困りの方におすすめします。

 
久右衛門野菜たっぷりスープ
久右衛門野菜たっぷりスープ
ふかひれ入りスープ
久右衛門ふかひれ入りスープ
久右衛門3千円
3150
久右衛門4千円
4200

法事法要のマナー

法要について 法要の心構え
年忌法要の数え 法要が重なったとき
法要の準備と経費 法要の営み方
檀家寺が遠方の場合 永代供養
神式の場合 キリスト教式の場合
出席者の服装 御供物について
御供物料について 参上したときの挨拶
法要に出席できない場合 法要の日取りについて
法要後のもてなしについて 引出物の選びかたについて
準備(段取り) 当日の進行
告別式からの法事法要 引き菓子(お菓子)
会食の段取り 法事について一考

 

法要について


仏教

仏教では死者の冥福を祈り、霊を慰めるために行う行事を法要といい、法事に仏事、追善供養、年会、年忌と呼びます。

最初の法要は、死亡日から数えて七日目に初七日、以後、七日ごとにニ七日(ふたなぬか)、三七日(みなぬか)、四七日(よなぬか)、五七日(いつなぬか)六七日(むなぬか)七七日(なななぬか)と続きます。

輪廻転生する人間が亡くなってから、次の生に生まれ変わるまでを中陰といいますが、その生まれ変わる期間は七日ごととなって、一応、四十九日(七七日)で決まるとされています。
できるだけ幸福な次の世に生まれ変わることのできますようにという意味で、死者の冥福を祈って、死亡後四十九日(七七日)迄、一週ごとの供養をします。そして区切りとして「百ヵ日」の法要を行います。

年中行事として盆や春秋の彼岸のお寺詣りがあります。
特に亡くなって最初に迎える彼岸や盆を「初彼岸」「初盆」「新盆」と読んで大切に供養します。

法要の日には、僧侶に読経してもらいますが、初七日、忌明け(五七日、又は七七日)、一周忌、三回忌、七回忌などの年回法要は、近親者やお世話になった方を招いて、大がかりなものとなります。

法要の日は、勧めの関係や、その他、さしつかえのある時は日を早めます。命日より遅くならないように気を付けなければなりません。


神道

神武では斎日(さいにち)といって十日単位になっています。
亡くなった翌日にする翌日祭から、十日祭、二十日祭と続いて、百日祭まであります。その先は一年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭と十年ごとに百年祭まであります。

このうち五十日祭は仏式の四十九日忌と同じ意味をもち、その翌日に修祓(しゅうばつ)して、清祓(せいばつ)の儀が行われます。

これらの斎日には、神織を呼んで献饌(けんせん)祭詞(のりと)玉串奉奠(たまぐしほうてん)などを行います。
このあと、招いた人をもてなします。


キリスト教

キリスト教式では、仏式の法要、神式の霊祭に該当するものは、プロテスタントでは記念式、カトリックでは追悼ミサと呼びます。 プロテスタントの記念式は一か月目の命日に行います。

当日は近親者や友人、知人が集い牧師の先導により聖書を読んだり賛美歌を歌いその後、茶菓を出して故人をしのびます。 教会で行う事が多いですが、自宅や墓前で行うこともあります。

カトリックの追悼ミサは、ミサ聖祭とも呼ばれ、死亡した日から数えて三日目、七日目、三十日目、その後は一年ごとに行います。

内容はプロテスタントとほぼ同じで教会聖堂で行います。 そのあと、茶菓をもてなします。


 法要の心構え


◆法要の心構え

法要とは、死者をしのんで行う仏事のことです。
また、死者に対する感謝の心をあらわす場でもあります。
法要は僧侶に読経して頂くだけではありません。
新類縁者や故人と付き合いの深かった人々を招いて宴席を設け、宴席では、故人の思い出のお話をしてもらうと良いでしょう。


 年忌法要の数え方


年忌法要は、すべて数え年で行います。
亡くなった翌年の祥月(しょうつき)命日(亡くなった月の同日)に一周忌を行います。

そして翌年、亡くなってから満二年目が3年目を迎えるということで三回忌となり、同じように満六年目が七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、三十七回忌を営みます。

その後は、五十回忌、百回忌のように五十年ごとに営みます。
地方によっては四十三回忌と四十七回忌をつとめるところもあります。
また三十三回忌や五十回忌で終わるところもあります。

法要は命日にするのが理想的ですが、お寺のほうで行事が重なって都合の悪いこともあり、また日曜日のほうが人が集まりやすいこともありますので、命日に近くて都合のよい日を選んで決めます。
ただし、その場合命日よりあとの日にならないように気をつけます。


 法要が重なったとき


親の三回忌と祖父の三十三回忌が同じ年に重なる場合、回忌の若いほうに合わせて一緒に「併修(へいしゅう)」してもかまいません。
この場合、案内状や引出物や記念品にその旨を明記する事が必要です。
月々に僧侶にお経をあげてもらう月忌詣りよりも、もっとも身近な人の忌日に併修してもかまいません。


 法要の準備と経費


◆法要の準備◆
法要を営む際には予算と法要の規模を決めた後で僧侶と相談して日程を決めます。

わからない事や不明な点は、この時に僧侶に相談すれば教えてくれます。
日時は、お寺や親類縁者の都合を考慮して最低二ヶ月ぐらい前までには決めるようにするとよいでしょう。

招く人の対象は、近親者・知人・友人などですが、知人・友人については、主催者の交際関係者ではなく、故人を中心に考え、故人と深いつながりのあった方々を招待するようにします。
遠方で困難と思われる方も案内状だけはさしあげます。


◆法要の経費◆
法要の経費として必要となるものは以下のとおりです。

 ①関係者への案内状
 ②お寺などを借りる場合の会場費
 ③お仏壇のお供え物の代
 ④僧侶へのお礼
 ⑤引出物代
 ⑥会食の費用


 法要の営み方について


法要は、お寺で行う場合と自宅で行う場合があります。
いずれにしても、僧侶にお経をあげてもらうことを頼み、参列者が焼香礼拝の後で、一同で墓参りをし、その後に宴を開きます。
真宗以外の宗派では、墓に「塔婆」をあげます。
塔婆は塔婆料をお寺に納めると、墓参りの時までにお寺のほうで用意をしてくれます。


 檀家寺が遠方の場合


法要は、僧侶をお招きして行います。
地方などの遠方から都会へ出た人の場合には、田舎のお寺を檀家寺としてつきあいを続けていたとしても遠方であるために、月忌詣りや彼岸・盆には近所のお寺にお願いする事があります。

その場合「同じ仏教だからどこのお寺でもよい」という考えの方がいらっしゃいますが、先祖が帰依していた同じ宗派の同じ儀礼で法要が営まれるのが先祖に対する供養としても大切ですので、出身地の檀家寺に問い合わせて紹介して頂くようにします。
お寺にはその宗派の寺院名簿がありますので、居住地の近所のお寺を紹介してくれます。


 永代供養


永代供養とは、仏の供養をすべき施主(せしゅ)が遠くに行っていたり、施主となるべき人が死に絶えてしまったなどの場合において、代わって永久的に法要を営んでくれるというものです。

永代供養料は寺によっても違いますが、五十万円や百万円というある程度まとまった金額をお寺に渡すと、お寺ではそれを施主の名まえで預金などをし、その利息で永代供養ができるようにはからってくれます。
一般的に永代供養を申し込むのは、三回忌、または七回忌の場合が多いようです。

ただし、永代供養を申し込んだからといって法要をしなくて良いというものではありません。
施主がいる間は永代供養の約束とは別に、普通の法要を行います。


 神式の場合


死亡後1年目に一年祭を行います。
そのあとは2年目に二年祭、3年目に三年祭、5年目に五年祭、10年目に十年祭と続きます。
五十年祭までは十年目ごとに祭祀を行います。

その後は百年祭、さらに百年目ごとに行うわけですが、一年祭・三年祭・五年祭・そして十年祭は盛大に行うのが一般的です。

自宅に親戚、友人、知人をお招きし、神職に祭詞をあげてもらい、主だったものが玉串奉奠をします。
霊祭の後は、お招きした方を自宅や料理屋でおもてなしします。


 キリスト教式の場合


プロテスタントでは、死亡して一年目、三年目、七年目などに召天記念式を行う事が多く、一般的な日本の習慣にあわせたものといえます。

式は教会で行われますが、自宅や墓前で行うこともあります。

カトリックでは死亡日から一年目に追悼ミサを行い、それ以後は特別な決まりはなく、十年目と二十年目、五十年目あるいは十五年目や二十五年目といったきりのよい年に、特に盛大に行うこともあります。
また家族の意向で、仏式法要の習慣にあわせて三回忌や七回忌などを盛大に行うこともあります。
ミサは教会聖堂で行われます。
参列した人へのもてなしは、両派とも一般的には簡単な会食程度のものとなっているようです。


 出席者の服装


法要に招かれtた時の服装は、正式な服装を着る必要はありません。

仏式の初七日から四十九日、一周忌くらい、神式の五十日祭、一年祭くらいまでは準喪服にします。

三回忌、七回忌、十三回忌と回数を重ねるごとに服装も次第に喪の表現を少なくしていきます。

二十七回忌、三十三回忌ぐらいになれば、地味な外出着程度でもよいでしょう。


 御供物について


法要に出席する時は霊前、仏前に供える花やお供え物を持参するのが習わしとなっています。

特に初七日・三十五日・四十九日など、葬儀直後の法要に招かれた場合はそれが常識です。

しかし、法要の会場がお寺や料亭などご自宅以外の場合や、出席者の人数が多い場合は花や供物が重ばり、かえって迷惑となることもありますので現金を持参した方が無難でしょう。


 御供物料について


御供物にかえて現金を包む場合の金額の目安は、食事の有無により異なります。

食事が出る場合は多く包み、お茶菓子程度の場合は、少なく包みますが、一般に食事に招かれた時は香典の半額程度で、お茶のもてなし程度なら、それより三割程少なくてもよいでしょう。

お金は不祝儀袋に入れます。

表書きは
・仏前では『御仏前』『御花料』『御供物料』とします。
・神式では『御榊料』『御神前』『御供物料』とします。
・キリスト教式では『御花料』のようにします。

水引をかける場合は、黒白ではなく、白一色または銀色と白などを用います。
なお、近親者の場合は、法要の経費の一部を負担するという意味から、やや多めの額を包むようにします。


 参上したときの挨拶について


法要に招かれた際の出席者のご挨拶は、

『ご丁寧に御法要のお招きを頂きましてありございました。

 お詣りさせていただきます。』

のように遺族に挨拶を行います。


 法要に出席できない場合について


法要に招かれたのに諸事情等で出席できない場合、ご遺族の宴席の都合もありますので、早めに遺族の近況をたずねる手紙を出し、三回忌までの間の法要であればお香などを贈ったり、近くに行ったときに訪れたりして、ご遺族を慰めるようにするとよいでしょう。


 法要の日取りの決め方について


法要は、一般的に次の節目で営まれます。

・三十五日
・四十九日
・一周忌
・三回忌
・七回忌

法要の日程を決める時は、故人の命日に行うのがもっともよいとされていますが、参会者の都合もありますので、それらのことを踏まえて最近では命日前の休日を選ぶのが一般的になりました。
故人とゆかりの深い方々には、ご出席頂ける日を選ぶことが好ましいと思います。


 法要後のおもてなしについて


法要での参加者のおもてなし方については、これといって決まった形はありません。

食事を出す場合と出さない場合(お茶とお菓子で済ます場合があります)があるようですが、現在ではほとんど食事を出す場合が多いようです。

墓前で供養した後に僧侶と参列者の方々を接待します。

遺族の代表は、宴席のはじめに故人をしのんで参列して頂いた方々に対して厚く御礼を述べます。
その後の遺族の近況等を報告した後、宴席の場でくつろいで雑談や、故人の想い出話などを語り合ってほしい旨の挨拶をします。

接待の後、参列して頂いた方々に引き出物をお渡しするのが一般的となっています。

※法事のおもてなしは、あまり派手に行う必要はありません。
 法事本来の趣旨をわきまえて行うようにしましょう。


 引き出物・お返し品の選びかたについて


法要にお招きした方々へ、食事のおもてなしとは関係なく遺族からお返しの品をお贈りするのが一般的となっています。

このお返しの品は法要を記念して参加者に贈られる引き出物で、お贈りするお品は特に決まっていません。
現在では大体三千円程度の無難な家庭用品よく利用されているようです。

これらの引き出物には必ず、水引をかけるようにし、黒白よりも白一色か、銀色と白などがよいとされています。
これらについては施主がひとつひとつ気を配らなくても「法要に使用する品物」とお伝え頂ければ心得ておりますので安心して頼む事ができます。

トップメニュー
手元供養仏壇

27,000円+消費税
27,000円+消費税
27,000円+消費税

遺骨ペンダント・クリスタル位牌

アートフラワー

骨壷

香典返し,日本香道,御線香,お線香,ろうそく,ローソク

和光の盆提灯セット

香典返しcomが紹介する手元供養仏壇
香典返しcomが紹介する手元供養仏壇
クリスタル手元供養品については こちらから


近年では晩婚化や少子高齢化による後継者の不在などで、『仏壇じまい』や『墓じまい』という言葉も聞かれる時代です。納骨堂の永代供養や海洋葬などお墓や仏壇にとらわれない方が増えています。そんな方でも親や配偶者そして子に向き合う時間は必要なものです。和光では高品質のコンパクトタイプの供養品を数多く取り揃えております。ご希望であれば資料もございますのでご相談くださいませ。 0120-22-0102


QA

ページトップへ