トップページ 送料 お支払 カートを見る
香典返しマナー 法事引き出物マナー 問い合わせ マイページ

1個からのご注文でも承ります (のし・挨拶状・包装も対応)

福岡県内の初盆のしきたり・マナーや準備について

パソコン利用のすすめ 全国送料無料

【即日】出荷可能 と表示がございますお品は物流センターに常時在庫がございます。

香典返しマナー

福岡県の初盆


初盆・新盆・盆の行事は日本全国にあります。盆は故人が里帰りする日、初盆・新盆は亡くなってはじめて迎える盆のことです。 盆の由来や意味・供物を供え、家族と共に過ごすという考え方は全国共通です。しかし供養の仕方やかたちは地域によって全く異なります。川ひとつ渡れば違う、山一つ越えれば違うといわれている程です。 そこで福岡で40余年の歴史を有する当社が福岡での初盆について深く広く説明します。
福岡の初盆が他の地域と異なる第一
新盆(しんぼん・にいぼん)という呼び名が無いことです。県内すべて初盆(はつぼん)です。 たぶん九州七県ほとんどが、「初盆」だと思われます。
福岡の初盆が他の地域と異なる第二
初盆の法要は、僧侶が檀家を一軒ずつ順番に廻って読経をあげるので正確な時間の確約が取れないため親戚・友人・知人を招いての法要が不可能となります。 檀家の多い寺院では数十件の初盆があるので朝8時前から檀家廻りがはじまります。
福岡の初盆が他の地域と異なる第三
第二の情況により初盆の案内状を送ったり、出欠の返信を受ける習慣はありません。盆は13日からと決っているので親戚・友人・知人は「親しくしていたから」「お世話になったから」との思いで自発的に仏参するもので葬儀と同じく事前には「誰が」来てくれるかわかりません。又、何時に来てくれるかもわかりません。 人数が特定できないので初盆返礼品は返品可能とされる品から選びます。 初盆返礼品について詳しくはこちら
福岡の初盆が他の地域と異なる第四
一般家庭では初盆を迎える親戚・友人・知人が最低でも3~4名、多いところで10数名といわれています。そこで13日は朝から初盆参りをしなければ、時間が足りないのです。 霊は13日夜帰ってくるといわれていますが朝から仏参者が絶えません。 より早い方がより誠意があるようにおもわれているふしがあります。
福岡の初盆が他の地域と異なる第五
初盆参りは親戚や非常に親しい間柄では家族揃って出向く事があります。食事の仕度は会席膳よりオードブルや、ちらし寿司、素麺、がめ煮、サラダのように人数の融通のつく料理のほうが良いようです。 会席膳では余っても不足しても都合の悪いものです。
福岡の初盆が他の地域と異なる第六
初盆参りを迎える時のおもてなしは近隣の友人・知人ならば冷たい飲み物や菓子だけで十分です。 冷えたおしぼりが用意されていたりすると家人の思いやりの深さが伝わります。 玄関での見送りの折に用意した手みやげ(引き物)とともに仏参のお礼をのべます。 菓子に手が付けられていない場合はそれも合わせて手提げ袋のなかに入れておきます。
福岡の初盆が他の地域と異なる第七
祭壇について、福岡では笹の支柱を立てる精霊棚の習慣はありませんが、葬儀より小ぶりの祭壇を準備する地域があります。 初盆祭壇は必ずしも準備しなければならないというものではなく、以下の場合に用意されます。 仏壇が二階にあるとか、寝室のベッドの前に置いている場合などに、座敷や応接間にあたる部屋に祭壇をしつらえます。また、仏壇が部屋の隅に設置されている場合に提灯や供え物を置けないので中央に祭壇を設けます。他に仏壇は座敷の中央に位置しているのが仏壇だけでは供え物のスペースが不足するとの理由で低めの祭壇を仏壇の前に設置し遺影や供え物を並べる台とすることがあります。盆祭壇について詳しくはこちら
福岡の初盆が他の地域と異なる第八
「初盆参りは13日」との説がありますが、盆の期間に里帰りをしたり、仕事があったり、家族・親族の帰省を迎えたりで家を出られないなど、どうしても13日の仏参がかなわない場でも16日以降に延ばす事はまずありません。 「イヤイヤながら仕方なくお参りをしている」ように見受けられるからです。 むしろ、8日や9日など早くにお参りして失礼をわびる方が誠意が伝わるとされています。よって施主は8月に入ったら提灯を組み立て仏壇・祭壇を清め、花を差し、急の訪問に備えなければなりません。
福岡の初盆が他の地域と異なる第九
ネットの情報に依ると「13日の夜、故人の霊を家に迎え、16日の夜送り出す」とあるのを目にします。しかし現実は13日の朝から仏参があり、15日には精霊流しや精霊送りの行事が行われます。そして、16日からは職務に復帰しなければなりません。 これが現代の初盆事情のようです。

ページトップへ