タグ別アーカイブ: 三重県

香典返しや法事引き出物 三重県(伊勢市・伊賀市・熊野市・鈴鹿市・名張市・四日市市・桑名市・津市・鳥羽市・亀山市・志摩市・松坂市・尾鷲市)の事情

全国的にも冠婚葬祭など伝統的な風習が残る三重県では葬儀において800円程度の会葬返礼品(会葬御礼品)を用意し、通夜・告別式で受け取る香典に対しては、忌明けにおいて(四十九日に)香典返しをするのが本来の習慣です。
近年では葬儀会館による商業的な傾向の重視から即日香典返しなどが喪家にすすめられますが、葬儀当日の慌ただしくも冷静な判断が出来ない時に判らないままに即日香典返しを依頼し、のちに高額の請求となる問題もあるようです。

三重県庁

三重県の葬儀においての特徴:

三重県の葬儀においては、精進料理に皆でともに涙を流すために口にするとされている『涙汁』が出されることがあります。
『涙汁』には強い胡椒や唐辛子が入っていて、口にすると涙が出るほどに辛いということで、皆で涙をしましょうという意味に加え、また、その辛さによって悲しみのなかにある遺族を元気づける意味があるとされています。
この涙汁を添えた精進料理を『出立ちの膳』とも呼びます。

そもそも全国的に葬儀は今日の様に手慣れた葬儀会社が1日・2日で淡々とすすめていくものではなく、地域社会で近所が助け合って行ったものでした。
昔の『村八分』というのけ者にする制裁行為のなかにも『残り二分』は火事と葬儀が含まれた訳で、地域は必ず亡き人を弔うにあたりわけ隔てなく助け合ったものでした。

この古からの習慣は伝統的な習慣が残る地域では今も見られ、三重県においては今日でも地域組織の『組』として色濃く残っています。
また、名張市では『村香典』として、近隣の組の人は必ず全員が香典を持ち寄って御霊前に供えます。伝統ある地域ならではの習慣として地域に残っています。

三重県地図

三重県では、通夜の際に御霊前(香典)に加えて、菓子や酒、すぐに口にできる乾物、缶詰を手渡すことがあります。
これは、『夜伽見舞い』や『お淋し見舞い』と呼び、遺族が通夜の間に『少しづつでも何か口にしてください・・・』という心配りです。
参列者の遺族を想う気持ちもむしろ伝統的な日本の習慣が今に残るものだと考えると判り易いと思います。

また、近年ではインターネットのネットサイトから品選びをされる方も増えています。
デパートランクの商品のなかから商品を選びたいとお考えの喪家の方におかれては、良い品を取り扱うネット店舗か、割引用の商品を取り扱うネット店舗なのかを見極めることが求められます。

一般的にデパートランクの商品を取り扱うネットサイトは少なく、なかなか見つけることが出来ないと思います。
良い品をおくりたいとお考えの方で、該当のお店が見つからない場合は、香典返し.comからご覧になり始めるとよいでしょう。

香典返しの準備をされなくてはならない方が関東・関西などの遠方にいらして、遠方から四十九日の手配をしなければならない場合にも助かります。

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しのマナーについても案内があります。
電話サポート:0120-22-0102(9時~19時 )

粗供養品

即日香典返し