花柄やピンクなどの明るい素材のタオルや寝具を香典返しにおくる

香典返しとして花柄のピンク色のタオルや、ぱっと明るい色のタオルケットを贈るのはどうかとためらわれる喪家もいらっしゃるようです。確かに20年程前までであれば、タオルは白か青色と決まっていたものですが、今日では必ずしもその限りではないでしょう。

葬儀のスタイルも多様化して、故人自ら元気に生き生きしていた時の遺影を選ばれて祭壇に飾ってある場合や、祭壇花がチューリップや薔薇だったり(バラは棘があってよくないといったものです)など、『妻はバラを好きだったのであの人らしくていいじゃないですか・・』いろいろなお話をお聞きします。

葬儀を前向きに、そして以前よりも忌み嫌うものとしての死の認識が今日では別のそれとして人は理解する傾向にあります。

当然、四十九日頃に届ける香典返しの商品についても、今日では花柄やピンクのタオル鮮やかな色のタオルケットなど選ばれることも多く、『故人が元気で溌溂としていた時の印象で贈りたい・・・』というお言葉はよくいただきます。 そんなことから弊社取扱いの商品はあまり行き過ぎないようにはしていますが、適当な範囲で(今日の一般常識にあわせて)明るい印象のお品も多くご用意いたしております。

もちろん葬儀はケースバイケースです。ご年配の方が亡くなっている場合と違って、若い現役の方やお子様が亡くなられている場合はその限りではないかもしれません。どうしてよいかわからないそんな時もあるかもしれません。そんな時には弊社にご遠慮なくご相談ください。わかる範囲でご案内をさせていただきます。

0120-22-0102

香典返しをご注文

香典返しのしきたり