香典返しや法事引き出物 岩手県(盛岡市・宮古市・大船渡市・花巻市・北上市・久慈市・遠野市・一関市・陸前高田市・釜石市・二戸市・八幡平市・奥州市・滝沢市)の事情

岩手県は交通手段が今ほど発達していなかった昔、雪深く山が多い為、人の行き来が今と違って簡単ではありませんでした。その為、葬儀の文化も地域によって様々です。訃報をお知らせする際には男性2人1組で亡くなった旨をお知らせします。飛脚のように直接伝える事が昔からの風習で2人1組で廻ると決まっていたそうです。2人で廻る事で伝達の漏れや誤った連絡を避ける為といわれています。

火葬について前火葬が一般的ですが、火葬から葬儀まで3日から5日程度時間を空ける地域もあるようです。漁師町では人が亡くなっても船で漁に出ているので戻ってきません。陸に残った近親者だけで先に火葬を行い、漁に出ていた方々が戻ってきてから火葬の後に葬儀を行う(骨葬)という習慣ができたそうです。

また、お通夜は1回ではなく、お通夜は葬儀までの間に毎晩供養を行い、毎晩供養を行う事を「お通夜」としているそうです。お通夜の開始時刻は夕方の6時頃から始まり1時間程度で終わる事が多いのですが、釜石市などの一部地域ではお通夜の時間が決まっておらず日没後、弔問客が途切れるまで行われる場合もあるそうです。自宅の通夜に招待された場合は食事料をお香典とは別にお包みするそうです。葬儀会場には参列者の方から先に入ります。その後から遺族が入場し、次に僧侶が入場して葬儀が始まります。

岩手県北上市周辺の方は百貨店などで依頼されるようです。
香典返しのお返しをご検討中のお客様は こちら <<<

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

岩手県庁

盛岡市周辺では葬儀参列より多くの方々が火葬場に来られます。その為、葬儀と同様に「会葬御礼品」をご用意します。

三途の川の渡り賃としての六文銭(昔は本物の六文銭を入れていた)が岩手県では紙に”100万円”と書いたものを棺に入れる風習があるそうです。故人があの世で金銭的に困らないようにとの願いが込められているようです。また、”1千万円”や”1億円”と書くこともあるそうです。

□葬儀・告別式やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
会葬御礼葉書・紙袋 無料
会葬御礼品

□葬儀・告別式の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
巻紙御挨拶状・紙袋 無料
当日香典返し

仏事の行事などについては地域によって、業者によって、ご近所やご親戚などのご意見番といわれる方によってさまざまなお話がなされると思います。
それらのお話で、どうも腑に落ちないという方に、40年以上この仕事に関わってきた者として『そもそも葬儀後の香典返しとは・・』というところから、葬儀および香典返しついて詳しくご説明いたします。
業者の都合による理屈、地域による違いまで納得に近づけると思います。