香典返しや法事引き出物 秋田県(秋田市・熊代市・横手市・大館市・男鹿市・湯沢市・鹿角市・由利本荘市・潟上市・大仙市・北秋田市・にかほ市・仙北市)の事情

秋田県は地域によって様々ですが他の件との大きな違いは火葬を先に済ませる事です。先に火葬を済ませておりますので葬儀の時は既に「お骨」の状態で葬儀を行うそうです。これを「前火葬」といいます。「前火葬」は通夜の前に行う場合と通夜の後に行う場合があります。

また納棺を大切にする風習があり湯かんの儀といいご遺体をお湯で綺麗に洗い清める儀式が行われるケースも多いようです。枕飾りとして枕団子や一膳飯などが飾られます。訃報をお知らせする際には男性が二人一組となって報せに回るという習慣があります。(知らせ回り)

そして県内一部地域では葬儀後に近所の人々が喪家の家に集まり遺族をねぎらう「ゆどき」という風習があります。念仏講や観音講という地域組織に属する女性が集まって「御詠歌」を詠ったりするそうです。仏教の教えを5・7・5・7・7の和歌にして旋律に合わせて歌うもので、これを御詠歌(ごえいか)といいます。仏具で用いる「れい」と呼ばれる鈴や雅楽で用いる鉦鼓(しょうこ)等を用いて唱和します。秋田県は葬儀当日に納骨まで行う事が多いそうです。

秋田県の県南地区では「丑の日」を避けて葬儀を行う風習があるそうです。友引も葬儀を避けますので、この地域では葬儀が行えない日が他の地域より多いようです。

秋田市では葬儀の際に血縁関係の無い近隣の方々が葬儀を手伝ってくれるそうです。また料理や仕出しなども手伝ってくれるそうです。また火葬までの間に「おたいや」という葬儀の合間の小さな会食があり、身内や近い親族のみで見送る儀式です。その後、通常の火葬が行われた後に葬式を行います。

秋田市周辺の方は西武や木内百貨店などの専門店等で依頼されるようです。
香典返しのお返しをご検討中のお客様は こちら <<<

秋田県

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

秋田県庁

□葬儀・告別式やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
会葬御礼葉書・紙袋 無料
会葬御礼品

□葬儀・告別式の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
巻紙御挨拶状・紙袋 無料
当日香典返し

秋田県の葬儀に参列する場合、地域によってはお香典以外に線香セットや現金などを御香料として包む場合があります。町内では野菜代、お米代として200円~300円を集め葬家に届けるという風習もあります。焼香においては小銭を置いて焼香するという風習があり、線香を焼香する際に小銭を供える事は各地で行われているようです。秋田県は焼香の際に小銭を数十円程度、焼香の盆に備える事が多いようです。

仏事の行事などについては地域によって、業者によって、ご近所やご親戚などのご意見番といわれる方によってさまざまなお話がなされると思います。
それらのお話で、どうも腑に落ちないという方に、40年以上この仕事に関わってきた者として『そもそも葬儀後の香典返しとは・・』というところから、葬儀および香典返しついて詳しくご説明いたします。
業者の都合による理屈、地域による違いまで納得に近づけると思います。