香典返しや法事引き出物 福井県(福井市・あわら市・越前市・大野市・小浜市・勝山市・坂井市・鯖江市・敦賀市)の事情

福井県には地域によって様々な風習があり、四十九日後(忌明け)に遺骨を分骨する事場合があるや一部の地域で葬儀を行う際に女性が集まり仏教の教えを5・7・5・7・7の言葉で和歌にした御詠歌を詠(うた)うという風習があり今でも見られる光景です。嶺南地方の一部地域では出棺の際に棺にお米をまき、故人が愛用していたお茶碗を割ったりします。嶺北地方では、出棺の際にお米をまいたりお茶碗を割ったりするような風習は見られないそうです。

おおい町では町内や近隣への香典返しを行わないというしきたりや、小浜市では亡くなった日は一日中、寝ずに側で過ごしたり、半返しを辞退したりなど、地域によって様々な風習があるようです。

また、沿岸部では、長寿を全うしての大往生を葬儀の際に『赤飯』を用意して祝うことがあるようです。これは地域が変わってもご長寿の方が亡くなった時の四十九日に紅白の餅を用意する事と近く、日本国中で同様の習慣があります。鎌倉時代頃まではお米が赤く、赤には霊力や生命力があると信じられており神事のあとに炊いてこれを食べる習慣がありました。災いを福に転じさせる意味合いもあるようです。

赤飯

福井市周辺の方は西武で依頼することも多いようです。
香典返しのお返しをご検討中のお客様は こちら <<<

福井県全域地図

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

福井県県庁

□葬儀・告別式やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
会葬御礼葉書・紙袋 無料
会葬御礼品

□葬儀・告別式の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
巻紙御挨拶状・紙袋 無料
当日香典返し
仏事の行事などについては地域によって、業者によって、ご近所やご親戚などのご意見番といわれる方によってさまざまなお話がなされると思います。
それらのお話で、どうも腑に落ちないという方に、40年以上この仕事に関わってきた者として『そもそも葬儀後の香典返しとは・・』というところから、葬儀および香典返しついて詳しくご説明いたします。
業者の都合による理屈、地域による違いまで納得に近づけると思います。