月別アーカイブ: 2015年11月

香典返しや法事引き出物 新島村・利島村・大島町・神津島村・三宅村・御蔵島村・青ヶ島村・八丈町・小笠原村・父島・母島・伊豆諸島の事情

伊豆諸島・小笠原諸島に散在する島々には一般住民と職業上赴任されている方々が居住しています。

諸島にお住まいの方からは『離島への出荷は送料がかかりますか?』などとよくお尋ねの電話を受けますが、弊社では、一部の離島を除き、北海道・本州・四国・九州への発送と同様、多くは送料無料で発送できますとお応えしている。

したがって、香典返しドットコムは伊豆諸島・小笠原諸島にお住まいの方が、低コストで香典返しを発送ご希望の場合には、最適なサービスです。

島しょへの発送は商品出荷から時間を要する点をご考慮され、お早目にご注文をさるようご案内いたします。

注意点としては、当初への出荷をさせていただく場合において、住所不明や長期不在の場合、転送弊社に商品を戻す際の費用が大変高額となることがあります。発送先のリストについては、誤りが無いよう特にご注意ください。また、長期ご不在などのおそれがある場合には、島内の別の方にお引き取りをお願いすることもございます。

やむを得ず、転送や弊社への戻しが発生する場合に限り、費用をご負担いただくようお願いをいたしておりますのでご了承くださいませ。

会葬御礼品

即日香典返し

個人的にも、浜松町の島しょ会館を頻繁に利用させていただいていることからも、地域の皆様には心をこめてお役立ちさせていただきたくご案内申し上げます。

法事のお返しをこだわりの品で用意する

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しや法事引き出物 熊本県(熊本市、八代市、玉名市、山鹿市、菊池市、天草市、宇土市、宇城市、荒尾市、阿蘇市、人吉市、合志市)の事情

熊本県の葬儀では、都市化が続き、政令指定都市になった熊本市内でも地域の方の多くが参列されます。他県と比較して家族葬などはあまり馴染まず、地域社会における丁寧な人間関係が残っている地域といえます。葬儀の当日は600~1000円程度の会葬御礼品(返礼品)を一律に用意し、手渡します。 四十九日を待って香典返しをする喪家が多いのもこの地域の傾向です。また、即日香典返しについて一部の葬儀会館ですすめれられることがあるようですが、葬儀会館の即日香典返し(3000円)を利用した喪家からは、商品が悪いものだったので心苦しくなり、5000円以上の香典に返礼をしたので、まるで3000円の会葬御礼品を用意したようなものだったと後悔されていました。このような感想からもわかるとおり、参列者が増えれば増える程に即日香典返しはコスト増になるので、熊本県では四十九日の香典返しが今でも一般的なのは納得がいきます。

それでも、即日香典返しを良い品で準備したい: 香典返しドットコムの即日香典返し
即日香典返し

会葬御礼品

また、初盆の行事が盛んなのも熊本県の特色で、喪家は初盆参りの方に備えて多くの返礼品を事前に準備しておきます(都市部で30~50個程、郊外で50~100個、農家など昔からの地域では100~200個程用意します)。提灯も立派なものを用意し、い草の産地ということもあって、多くの家では座敷の畳も張り替えます。

印象的なのは、天草地方での初盆行事ですが、お墓の周りに提灯をたくさん飾って、市街地のネオンのように明るくします。さらに初盆のお墓はもとより道路沿いにも提灯をずらりと並べて、大きな精霊船も用意します。亡くなった人の好物をたくさん載せて、家ごとに競うように立派な精霊船を用意していました。100万円くらいのお金をかけて用意するとのことでしたので、7年くらい前のことでしたが、本当に驚いたのを覚えています。盆踊りのあとも、辺りが明るいので、子供も夜中じゅうあそんでいてにぎやかなお盆でした。

法事のお返しをこだわりの品で用意する

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しや法事引き出物 東京都(あきる野市、青梅市、羽村市、福生市)の事情

東京都西地域において(あきる野市、青梅市、羽村市、福生市など)、葬儀は地方の葬儀会館とは異なり、都内ということで良心的な葬儀会館が多い印象です。

西東京エリアでの葬儀については、依頼する葬儀会社によって発生する費用は異なってきます。大きく都区内と異なる点として都区内では区民葬があります。同じ都内でも行政がかかわっている(明確な安い料金体系が定着している)23区内の区民葬儀と比較して、どうしても費用は高くなります。それでも、葬儀を安価にお考えでしたら、羽村市にある羽村市富士見斎場は公営斎場なので、特別にランクを落としたりしなくても葬儀費用は抑えられます。

当地域では23区内の区民葬がある地域と異なり、即日香典返しをすすめられることがあります。しかし、葬儀費用を抑えることを考えると、四十九日の香典後返しが安心です。現役の学校の先生ご夫婦(30代)で、ご主人が亡くなり、それぞれの生徒さんが参列されました。大変な数の参列者があり、それぞれに即日香典返しを手渡してしまいました。葬儀後、喪主である奥様は、大変な出費となってしまったことに驚かれて、本当に気の毒なことでした。500円程度の会葬御礼品でしたら、不測の事態があっても、このような取り返しのつかないリスクは防ぐことができますので、ご一考ください。

香典返しや会葬御礼品のご相談は専門店の香典返し.comへ

会葬御礼品

即日香典返し

法事のお返しをこだわりの品で用意する

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しや法事引き出物 東京都(清瀬市、小平市、西東京市、東久留米市、東村山市、東大和市、武蔵村山市)の事情

東京都下北部(清瀬市、小平市、西東京市、東久留米市、東村山市、東大和市、武蔵村山市)では家族葬化がすすんでいますが、一つの理由として民営斎場や寺院斎場での葬儀費用が、23区内で利用できる区民葬と比較して割高な葬儀費用となってしまっていたことがあります。

また、即日香典返しにより葬儀費用の総額が高額になってしまったことも、今日の家族葬・密葬の増加傾向に拍車をかけたといえます。葬儀費用が高額となる理由の一つに、即日香典返しの返礼品(3000円単価)費用があります。葬儀後の名簿の整理が多少面倒にはなりますが、香典返しは四十九日の後返しにすることで返し過ぎることを防ぐことができ、総額として費用を抑えることができます。

※ここでいう返し過ぎとは、香典金額5000円に、3000円の香典返しとなることをさします。

香典返しを四十九日後返しとするためには、葬儀当日に一律でお渡しする品は500~800円程度の会葬御礼品にとどめておくと、葬儀費用を抑えることができます。 四十九日の香典返しのご用意はこちら

社会との関係が薄れてしまったご高齢の方の葬儀なら理解できますが、現役世代の葬儀に密葬・家族層では、故人のご友人などにとって、最後のお別れすらできずに本当に残念なこととなります。葬儀は家族だけのものではありませんから。

会葬御礼品

即日香典返し

法事のお返しをこだわりの品で用意する

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しや法事引き出物 東京都(稲城市、狛江市、町田市、調布市)の事情

東京都中部エリア(稲城市、狛江市、町田市、調布市)では、寺院斎場が多いため喪家は安心して会館を利用できます。また、民間斎場も比較的多く、競争原理が働いており概ね葬儀費用は適正価格です。さらに町田市には公営の南多摩斎場や高ヶ坂ふれあいセンターがあるので、費用面を抑えつつ、通夜・告別式を希望どおりに施工できるありがたい施設です。

香典返しは葬儀業者により即日香典返しをすすめられる事があります。そのまま葬儀業者のすすめに従うということもありますが、四十九日での後返しにするという方法もあります。

味気なくもありますが、告別式の場で香典返しを済ませることで、参列者の芳名録を整理する手間を省きたいという喪家におかれては即日香典返しが良いでしょう。

一方で、香典返しは四十九日にお返しするほうが、返礼品費用を抑えることができ、葬儀費用の総額が少なく済みます。 葬儀当日の会葬者には低額の(500円程度)会葬御礼品を手渡し、喪家はみな四十九日に香典返しをする地域でしたので、葬儀会社に『会葬御礼品でお願いします』と伝えれば、気持ちよく用意してくれます。

会葬御礼品即日香典返しをデパート商品で(会葬礼状・巻紙ご挨拶状・手提げ袋・お清め塩 無料サービス)ご用意されたいとお考えの方は香典返し.com葬儀対応 <<<

会葬御礼品

即日香典返し

法事のお返しをこだわりの品で用意する

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しや法事引き出物 東京都(八王子市、日野市、昭島市、多摩市、国立市、立川市、府中市、小金井市、国分寺市、三鷹市、武蔵野市)の事情

東京都中部エリア(八王子市、日野市、昭島市、多摩市、国立市、立川市、府中市、小金井市、国分寺市、三鷹市、武蔵野市)においては、古くからの寺院が多い地域といえ、寺院斎場も充実しています。したがって寺院葬ですと安心ですが、古くからの寺院が少ないエリアも散在していますので、そのような地域を埋め合わせるように民間葬儀会社の葬儀会館があります。

23区内では一般的な区民葬は費用もほぼ均一ですが、東京都下ではそれを利用することはないので、葬儀会館によって費用システムが異なります。費用については固定費の部分変動費の部分について事前の確認をしておくとよいでしょう。また、公営の斎場もありますので、費用を抑えて通常の葬儀をご検討でしたら公営斎場を使うとよいでしょう。

八王子市斎場:  八王子市山田町1681-2

楢原斎場:  八王子市楢原町1578番地5

やすらぎ都民斎場:  三鷹市新川3-18-10

府中の森市民聖苑:  府中市浅間町1-3

立川市斎場:  立川市羽衣町3-20-23

葬儀費用を抑える方法としてはもう一つ、葬儀当日に参列者に手渡すお品について知っておくことで費用を調整できます。

葬儀当日の返礼を会葬御礼品(500~700円程度のもの)にされ、四十九日頃に落ち着いてからの香典返しとすることで、葬儀費用全体の負担を調整できます。

変動費での売上を考える葬儀会館からは即日香典返しをすすめられることがありますが、結果として割高の返礼となることと、葬儀当日にドサクサのなかで決めてしまって、その場で返礼品を手渡してしまうと、後になって取り返しがつかないということです。

葬儀は何度も経験することではありませんし、サービス提供者に対してサービス受益者が情報不足ということもあり、落ち着いてから冷静に考える時間を持ち、予算面も調整ができるようにしておきたいものです。

会葬御礼品は返礼品専門店でもご用意することができます。 
会葬御礼品

即日香典返し

法事のお返しをこだわりの品で用意する

香典返しをご注文

香典返しのしきたり