月別アーカイブ: 2015年4月

今年も盆提灯の販売の時期になりました。

先週の金曜日(4月24日)盆提灯のお問い合わせの電話をいただいていたお客様が本日ご来店され軒灯(迎提灯)と行灯をご注文いただきました。他のものはゆっくり考えるとの事でした。

軒灯は家紋や家名を手書きしますから時間がかかります。ご注文が集中してきますと職人さんたちは残業に次ぐ残業で盆まで休みなく作業を続けます。早目にご注文いただけるのは 私共にとって大変有難いことで心からお礼を申し上げました。

bon2014_01

DSC_1610

bon2014_05

和光の店内では催事場に提灯がたくさん展示されています。これからお香典返しをご検討の方も一緒に下見していかれています。実物をご覧になると良かったと皆様お話になります。是非ご来店くださいませ。

2015年 盆提灯展のご案内

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しや法事引き出物 佐賀県(佐賀市・小城市・神崎市・鳥栖市・武雄市・嬉野市・唐津市・伊万里市・多久市・鹿島市)の事情

佐賀県では納棺の際、冥途の橋渡しとして千円札や一万円札などのお札(おさつ)を故人の体の傍に添えておくようにすることがあります。多くが葬儀社の担当者から教えられることのようですが、『あの世への橋渡し賃を用意してあげてください・・・』『故人がその時に困らないように・・・』と喪家に話しがあるようです。

葬儀では参列者は香典を供え、喪家は寺院や葬儀会社などへの支払いをし、最後に参列者への香典返しをします。確かに葬儀会館の方に世話になりますが、会館へは予算以上 想定以上の高額な支払をしています。したがってそれは仕事(職業)としてよくしてくれただけの事です。また葬儀会館の方からの案内で、僧侶や火葬上の方などに心づけ(現金)を渡すようすすめられた事に違和感をおぼえる喪家も多数見受けられます。ただ、違和感をもったとしても、その案内に異を唱える喪家は少なく、いわれるままに従っています。私たちが香典返しの依頼を承る時は、喪家におかれては一応落ち着いて、冷静になられているので、様々な納得のいかなかった事について、愚痴や雑談をお電話でお聞きします。さながら葬儀会社のカスタマーセンターのようです。

本来一番お世話になったのは急な通夜・告別式に参列してくださった方々で、当日の予定を変更し、喪服に着替え、駆けつけていただいた皆様方です。 『(喪主は故人にかわって)心を込めてきちんとした品を選び香典返しをおくらなくてはいけないと思う・・・』 『お金については使い道をよく考えないと・・・』と、しみじみ語られた武雄市のお客様がいらっしゃいました。 死や葬儀についてはより現実的に考え、社会のシステムがつまびらかになった今日では、これは佐賀県だけの習慣という話では済まされなくなっていることなのだと感じます。

香典返しは本当に良い品で、先様に感謝の気持ちを伝えたい。 できれば、佐賀玉屋などのデパートから間違いない品質のお品で贈りたいと多くの方が考えていらっしゃるようです。(これは葬儀会社が用意するギフト商品の品質が、とても残念な品質であったことへの静かな反発なのでしょう)

弊社和光でもワンランク上の上質な商品を納得のいただける条件で提供させていただくことで、せめて香典返しの分野で喪家のお役に立てますよう努めております。 四十九日の香典返しドットコム

また、葬儀においては、低単価(会葬御礼ハガキ代込で500円程度)の会葬御礼品のご用意も承っております。
葬儀費用の高騰を防ぐ方法としてとても効果がありますので、ご利用ください。 

香典返しドットコム 和光が用意する会葬御礼品
会葬御礼品

即日香典返し

法事のお返しをこだわりの品で用意する

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しや法事引き出物 大分県(大分市・別府市・中津市・日田市・佐伯市・宇佐市・由布市・臼杵市・豊後大野市・竹田市・杵築市・速見郡日出町・豊後高田市・国東市・玖珠郡九重町・玖珠郡玖珠町・津久見市)の事情

大分県では葬儀での参列もさることながら、四十九日(満中陰)から初盆・一周忌・三回忌と続く法事につきましても数多くの御親族が参加されます。

したがって葬儀でいただく香典のお返しについても、多くの方へは四十九日の法要に参加された際に法事の引き出物と一緒に手渡しされる事が近隣の他県より多いようです。お品選びにつきましては四十九日の法要での香典返しのお品法事の返礼品(引き出物)が重複しないように注意します。(例えば 『食品と食品』 『カタログギフトとカタログギフト』 『タオルとタオル』など)

大分県では香典返しや法事返礼品として身につける毛布やタオルケットまたは故人の思い出を大切にするため、文箱小引出しに文字入れをしたものをご準備されます。そしてこの地域特有の茶の子と呼ぶお菓子やお茶、特産品の椎茸などを添えるのが一般的です。満中陰法要を済ませた後に迎える初盆もまた盛大で、子供や兄弟姉妹が天井から床に届くほど大きな切子灯篭(きりこどうろう)を供えます。

親類や友人知人は盆提灯の他に食品を造花などできれいに飾り付けた盛り籠を贈り、働き手が少なくなった喪家への相互扶助の考えから盛んになったということです。初盆には親族に加え数多くの知人や地域の方々がお参りに訪れますので、その際の返礼品を事前に多めに用意しておくようにし、ひととおりの法事の準備を家族一同でおこないます。

今日でも元百貨店のトキハから良い品で香典返しをおくる方が多く、また市街地から離れた地域では地域のギフト専門店やインターネットのネットサイトから香典返しを依頼する方が多いのが大分県の特徴です。

会葬御礼品

即日香典返し

法事のお返しをこだわりの品で用意する

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しや法事引き出物 山口県(下関市・山陽小野田市・宇部市・美祢市・山口市・防府市・周南市・下松市・光市・長門市・萩市・柳井市・岩国市)の事情

山口県の広域には多数の葬儀会館があり、突然の葬儀で香典返しについては喪家にとって最善とはいえない案内がされることもあるようです。

突然の葬儀にあたり、遺族が動揺しているなかで通夜・告別式の打ち合わせがはじまり、広域に葬儀会館を展開する葬儀社のなかには 『これが一般的です・・・』 『後々楽ですから・・・』 ということで即日返しを選択するように喪家にすすめられることがしばしばあるようです。これは近年山口県の全域で聞かれます。

しかし葬儀の後で冷静になって考えてみると、即日香典返しの品が値段相当の商品ではないうえ、熨斗が 『志 / 喪主』 のようであったり 挨拶状についても 故人名・喪主名が記載されてなく(余った分を何度でも使い回しにできるような文面だと思われる) 香典返しをきちんとできなかった。 片手間で済ませてしまったようで後悔しているという感想が聞かれる

また、あらためてご挨拶に伺う機会を失ってしまった・・と感じられることも耳にします。 お世話になった方にはひとことご挨拶をして香典返しを届けることにも意味がある訳です。

弔問で訪ねられる皆様は、突然の訃報に予定を変更して御香典を持参されます。 その際、喪家があたかも 「待ってました」とばかりに準備万端 香典のお返しを用意している状態は異様でもあり、失礼にあたります

地域の本来の風習を軽んじ、自らのビジネスの部分に偏重した取り組みをすすめられる一部の葬儀会館にお世話になってしまう場合には、NOと伝える凛とした意思をもつ必要までも求められるような世知辛い世の中になってしまうということであり 残念なことです。

葬儀当日は500円程度の会葬御礼品を葬儀会館もしくは、ギフトの専門店に依頼されて、山口県では香典返しは後返しにされることをおすすめします。大型のギフト専門店やインターネットでのギフト専門店が先様に失礼にあたらないように良い品で送料無料でご用意しています。

会葬御礼品

即日香典返し

法事のお返しをこだわりの品で用意する

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

岡山県(岡山市・倉敷市・井原市・浅口市・備前市・玉野市・総社市・赤盤市・高梁市・新見市・真庭市・津山市・美作市)の香典返し事情

岡山県から広島県にかけての香典返しは、この地域に上場企業の製造業・化学製品の工場などが多くあることから、地元でのつながりのみならず、モノづくりの会社関係ゆえの広域のお付き合いが良くみられます。山陽新幹線の駅周辺にお住まいの方は転勤などでの出入りも多く、したがってお香典返しは地元の方々へのお返しに加え東京や大阪、名古屋をはじめとする全国への発送が多く、結果としてお香典返しの数が多くなる傾向です

したがって送料無料のサービスがあるギフトの専門店で香典返しなどの依頼をすることが一般的となっています。大手のギフト専門店もありますし、今日ではインターネットで送料無料のギフト店に依頼をすることもできます。デパート商品で熨斗・挨拶状などもサービスで作成してくれるサイトに依頼することもよいでしょう。

依頼先をお探しでしたら、香典返しドットコムでも心をこめて対応させていただきます。即日出荷・翌日配達も可能でございます。10万円以上お買い上げの方へは喪中ハガキも無料でサービスさせていただいております。ご検討の程よろしくお願いいたします。

会葬御礼品

即日香典返し

法事のお返しをこだわりの品で用意する

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

四十九日の引き出物 (七七日忌・満中陰の法事で用意するお寺様用の引き出物)

四十九日の引き出物について、以下のようにご質問を受けます。
≪なお、四十九日(西日本)・七七日忌(関東)・満中陰(関西)、法事で用意する引き出物について≫

『法事の引き出物は何個用意すればよいのですか? 人数分ですか? それとも世帯分ですか? あと、お寺へは一個用意しないといけないのですか?』

法事の引き出物は香典返しとは性質が異なるので、熨斗・挨拶状も含めて分けて考える必要があります。葬儀の際の香典とは別に、法事の当日にお越しになられる方は別にお包みをされますので、法事には食事と一緒に引き出物のご用意もします。

その際には世帯分、つまりご主人様と奥様とお二人でお越しになられた場合 そのご世帯に一つ引き出物をご用意するということになり、お越しになる世帯数分の引き出物をご用意されます

また、経をあげていただく僧侶へは引き出物もあわせて用意します。一般の方への引き出物には挨拶状を付けることがありますが、僧侶への引き出物には挨拶状を付けずに熨斗(のし)のみ付けて仏事包装いたします

なお、引き出物には以下の通り熨斗(のし)をつけます。

忌明 / 平田

四十九日忌 / 平田

粗供養 / 平田

一周忌 / 平田

三回忌 / 平田

また、四十九日の引き出物でよく利用されるお品や法事引菓子には以下のページからご案内をいたします。

法事引き出物はこちら

法事引菓子はこちら

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返し 東京都(渋谷区・新宿区・中野区)の事情

東京都渋谷区・新宿区・中野区は最寄に多くの百貨店があり、お買い物に不自由しないエリアですので、良質な品での香典返しのお求めに比較的不自由をしなくて済みます。

故人が亡くなられて喪主様が元気でいらっしゃる間は問題はありませんが、もしも残されたご遺族もご高齢であったり、そのご高齢の喪主様を支えるご家族の方も仕事で忙しくされている場合などには、近くにある百貨店ですら足をはこぶのに苦労されることがあるようです。

そのような場合には、デパートの店頭に並んでいるものと同じ商品で商品提案がなされているネットサイトから注文をされると良い品を送料無料で贈ることができます。デパートの店頭に並んでいるものと同じ商品を提案するギフト専門店は少ないですが、探せば良い品で送料無料・挨拶状無料などのサービスもあり、専門店ならでは。お買上げ金額が10万円を越えると年末の喪中ハガキも無料でサービスしています。

渋谷・新宿・中野など近くにデパートがあるのに、どうしても物理的に、また、時間的にも香典返しを買い求めに行くことができない方には香典返し.comのサイトが便利です。

林久右衛門のお吸い物や白子海苔の定番商品、サンローランの今治製タオル、また、34種類にもおよぶ豊富なカタログギフトなど一流の御品を送料無料・挨拶状無料でご案内いたします。

喪家にとってやさしい会社であること。実店舗があるからこそのネットサイトである和光の目指すところです。

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

味付き海苔が面白い 香典返しも目新しく

香典返しでよく頂く海苔ですが大森屋さんや白子海苔さんからフレーバー海苔が販売されています。大森屋さんでしたら 『あて海苔』 として、そして白子海苔さんでしたら 『味のりバラエティ詰合せ』として。

大森屋さんのあて海苔はビールやワイン・日本酒にそれぞれあう味のビーフジャーキー風味や チーズ風味 あさりバター風味 ブラックペッパー風味があります。

白子海苔さんの味のりバラエティーはしょうゆ風味・梅干風味・しらす入りの塩味・そしてわさび風味があります。印象的なのはわさび風味で子供の手の届くところに置いておくと大変なことになります。わさびの辛さがしっかりとついていますので、そのままでご飯を巻いたらお寿司のように食べられます。海苔のままいただくと、それはそれは大人の味でお酒もすすみます。

1320488

香典返しとしてそして法事の返礼品としておくるならご年配のご家庭に好適です。弊社からは1500円と2000円の白子海苔のシリーズをご案内いたしております。 香典返しに白子海苔バラエティ

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しのお品も春夏用のお品に衣替え

香典返し.comでご用意させていただく品揃えも2014ー2015年の秋冬商品から春夏商品に切り替えとなりました。通年の食品ギフトやカタログギフトを除く寝具や一部のタオルでは素材に麻やガーゼを使用した新商品が入荷し、ホームページにもご紹介を開始いたしました。

4月になり香典返しのお品選びをお考えの方は相手様の春夏に喜んで使っていただけるお品をお選びください。

弊社ではデパートの店頭と全国では一部のギフト専門店でしか取扱いされない高級品でのみ商品のご提案をさせていただいております。どうぞご安心して先様へのお品選びをされてください。

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しに林久右衛門のお吸い物を贈る

林久右衛門商店のお吸い物は今では全国の一流デパートで目にする高級食品ギフトです。

割引販売などは目にすることはないので 安心して贈ることができる間違いのないお品です。130年の歴史を誇るこのブランドの伝統は近現代における日本の鰹節生産の歴史でもあります。枕崎の鰹をていねいに時間をかけて 天然の山桜と樫の木を使い燻すことにより深い薫りと味わいの鰹節が生まれます。

日本人の味覚にある出汁を味わう感覚を最大限に引き出してくれる林久右衛門商店の鰹節を贅沢に使って、それは手焼き最中に包まれ上品に個包装された吸い物のひとつひとつ。

お世話になったあの方に、また葬儀などでは故人がお世話になった方々へ 故人の名代として喪主が選ぶお品。つまり本当にお世話になった方への香典返しに林久右衛門商店のお品ほど相応しいものは見あたらないと私は思います。

香典返しドットコムから正式なご挨拶状や熨斗を きちんとお付けして林久右衛門のお吸い物をおくりませんか。

香典返しをご注文

香典返しのしきたり