カテゴリー別アーカイブ: 香典返しのマナー

香典返し.comがご案内する葬儀後にご準備する香典返しのマナーについてご紹介いたします。

香典返しの代わりに町内会や社会福祉協議会へ寄付

香典返しを町内会や自治会、社会福祉協議会に寄付するのは正式なのですか・・・というご相談を承ります。

地域によるので一概に紋切型の解説はできませんが、一般的に『町内会への寄付』は、生前故人が希望していた場合や、喪家が希望される場合に、ご心配される必要は全く無くありません。少しばかりでも構わないので、寄付されて地域の予算に組み入れていただく事はとても良い事です。

理由の一つとして、寄付を通じて地域の方が、その家の不幸を知る事となります。家族葬や密葬・直葬が広がる今日、地域社会において相互理解が不足していると、遺族が地域の中で孤立していくことになります。

もちろん、災害をはじめ緊急時はもとより、日常の暮らしのなかで支え合いや声かけに繋がらる大切なきっかけとなります。プライバシー保護が求められる時代ですが、一切を封じる事無く、多世代の共生が理想とされる高齢化人口減少社会において、香典返しとしての町内会への寄付は、葬儀後に丁度良いタイミングで故人の他界をお知らせするツールとして理想的だと考えられます。

一方で、社会福祉協議会や大きな自治会などの場合、その組織の運営の在り方によって、寄付が理想的であるか否か、大きく評価が分かれます。

社会福祉協議会などの場合、市単位など広域での組織運営となっており、市役所職員の天下り先や、地元政治家や古くからの商売関係の方などが出入りしているため、利権の温床となっている場合もあります。地域の新聞報道でも良くあるように、社会福祉協議会の経費で数百万円の使途不明金が問題になったりもします。これらの報道は氷山の一角と見られ、健全に運営されている社会福祉協議会がある一方、そうで無い組織もあることがわかります。

また、町内会と比較して、社会福祉協議会などが直接に地域社会と喪家との架け橋になる事は考えにくい点があります。特殊な場合を除き、一般的な家庭であれば、町内会への寄付には合理性があり、社会福祉協議会への寄付は各家の判断に委ねられるものと考えると良いのではないでしょうか。

ご近所への香典返し

 

香典返しに適する品物

香典返しは、季節のギフト(中元・歳暮)と違って、相手が好みそうなものを選ぶ必要はありません。
生活必需品として一般的にどの家庭でも使われる品を選ぶのが無難です。
ふくさ、毛布タオル、陶器、お茶椎茸、砂糖、石鹸洗剤などが昔から使われてきたものです。
会社などへはみんなに渡るように、お茶やお菓子が向いています。
判らない場合は香典返しのギフト専門店にお聞きするとよいでしょう。
また今日ではカタログギフトも大変多く選ばれています。

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

お別れ会に使用される香典返し

香典返しをお渡しする時期や場所も昔と違ってずいぶん多様性がでてきました。

以前なら御葬儀の際には会葬御礼品として500円程度の品を一律でお返しして、四十九日頃に家族が少しおちついてから香典返しをするものでした。

ですから、昔は葬儀で集まった香典のなかから葬儀代金を支払うとお香典で集まったお金の半分が残っていたようです。なので香典返しは半返しをしていたようです。

それが、北関東の葬祭業者から3000円程度の品を(もはや会葬御礼ではなくて即日香典返し)葬儀の当日に一律にお返ししてしまうように案内が始まりました。
葬祭業者にしてみれば、500円×200個=100,000円の請求が、3000円×200個=600,000円になりますから、喪家への請求額を当時の平均で50万円アップできるのでそれは熱心に全国的にすすめるようになっていきました。

ただ、いくら葬儀というビジネスの特殊性(その時に決めるしかない・断れない・きちんとした請求は後から・終わってしまったらどの程度商品の数を配ったのか本当のところは確認することができない)があっても、あまりにも多くの伝統的な葬儀業者がやり過ぎたものですから、その後 家族葬や密葬・直葬などのサービスの提供がはじまった頃から、やり過ぎだった葬祭業者から順に市場から退場を余儀なくされました。

以後、葬儀はカタチをかえて、葬祭業者に依頼する家族葬につづきホテルや一般の会館・レストランなどを利用するお別れ会や偲ぶ会がよく行われるようになりました。
それは弊社にご相談されるお別れ会や偲ぶ会の香典返しの依頼の件数から近年本当に実感します。
さらには、故人が行きつけだったスナックなどで行われる夜のお別れ会もあるようです。狭い空間ですが少しづつ時間をずらして参列されるようです。葬儀業者が行うものではありませんが、花などを用意して本当に心がこもったお別れの時間となるでしょう。

故人を想う気持ちは、遺族はもちろんですが故人と親交のあったご友人そして仕事をとおしたお仲間などにもそれぞれあって、故人とのさよならの会としての葬送の場は本当に必要なのでしょう。葬儀業界の自浄作用により以前からある葬儀も無理なく、普通にとりおこなえる状況に戻るとよいですね。

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

四十九日の法要と初盆を同時にされる方

8月上旬に四十九日の満中陰法要をむかえる喪家におかれては、初盆(新盆)の法要を四十九日の法要と同時に執り行われる場合があります。これはお寺の僧侶からの案内があったりするようですが、考えてみると違和感があります。

故人の霊が満中陰で成仏(つまり仏様となり)したあと、 『天国に逝かれた故人が年に一度家族のもとに戻ってきてくれる・・・だから提灯などで明るくして、そして故人が好物だったものなどをたくさん用意して・・・家族・親族集まって故人をお迎えする・・・・』 これが初盆(新盆)として日本人が昔からもっていた考え方で、盆踊りなど地域ぐるみでお盆をにぎやかにすることもこの考え方によるものです。お葬式の後の悲しみに満ちた気持ちとはむしろ全く逆の故人に会えるという嬉しさ喜びを表した、『』に対してむしろ『』、『』に対して『』がこれらの考え方にあたります。

ですから四十九日で仏になられて天国に逝かれた途端に、また初盆で現世に戻ってくるというのは理屈が通らないと皆さんお感じのようです。

僧侶の都合などで全部一緒にしてしまおう・・・などということで案内があるかもしれませんが、初盆は来年にしてほしいという場合は僧侶にそのまま伝えるとよいでしょう。また喪家がご希望なら問題ありませんので、一度に済ませてしまうようにお願いされてください。

お返しのお品の表書き(のし紙の表書き)について、水引の上には 『忌明』 と 『初盆』 を並列に記されるとよいでしょう。

このような場合、ギフトについては葬儀のお香典返しを四十九日頃に発送し、四十九日と初盆を同時に執り行うので返礼品も忌明&初盆となります。ちょっと忙しい感じもしますが、そういう時代でもあるのでしょう。

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しとして選ぶとNGな商品は?その解決方法は?

香典返しに食品を選ぶ場合には、椎茸・お茶・海苔など『殺生』を連想しないものを選ぶと無難です。また、昆布などは『よろこんぶ』と呼ばれお祝いのお品として定番でしたが、仏事のギフトでは避けられたものです。ただし近年では以前のように神経質ではなくなってきているので椎茸と昆布のセットなどは問題ではないでしょう。

さらにカニ缶や鮭の瓶詰めなども一般的におくられるようになっています。とはいっても、生魚・生肉・明太子などはやはり避けたほうがいいでしょう。おくる人は良くても受け取る人が、生食品と遺体とのイメージがオーバーラップすることで、気持ちが悪いと、いやがる場合が多いので避けるようにします。それでは、おくる品選びに困ってしまう人がいる・・・という時にはカタログギフトが役立ちます。カタログギフトからなら肉や魚などの産直品もあるので受け取り手本人が選ぶならば、問題は無いでしょう。カタログギフトも食品が充実し、近年は食品専用カタログギフトもあるのでこのような場合に助かります。

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

お香典返しをしない地域とお香典返しをする地域それぞれからいただくお香典

離島ご出身のお客様からご相談をいただきました。お客様の地元(島)ではお香典返しをしない地域だというのですが、お客様は関東に出てこられてから既に長く、そして今勤務されている会社でお香典をいただいた場合には、『普通お香典返しをするのは判っていますが、私の場合にはどう考えればいいんでしょうか?』というものでした。

離島など社会の単位が小規模で昔から共同で農業や漁業で生計をたて、協力なしに成り立たなかったような地域は葬儀もお互いに炊き出しのお手伝いをされたり、家族ぐるみでその協力がなされます。このような地域ではお香典返しは無いことがあります。一方で都市化した地域ほどお互いさまが次にいつ成立するかわからないのでその都度きちんとお返しをされます。ですからこのお客様の場合には今お住まいの地域でいただいたお香典についてはきちんと半返しでお香典返しをされ、地元の方にはお香典返しはされなくてはよいのではないでしょうかとお伝えしました。これは離島出身者が都会に出てこられた時の場合です。

ただ、考えてみると逆のパターンもきっとあるのだろうと思いました。長崎県にある離島の観光大使をつとめていらっしゃるある有名な方についての事をお聞きしたことがあります。彼女はその地域の方にきちんとお返しをしているというのです。その方は東京のご出身でその離島とはもともと縁があるわけではないのですが、とある依頼から観光大使の役を努められ数年が経ち今では親友と呼び合えるその島の若手の人たちとの関係も豊富になっているようです。それでも彼女は島の中ですべてにかかわりお世話しお世話される関係ではないので、島の方からしていただいた彼女へのご厚意には必ずお返しをされているようです。今日では都会生まれの若者が田舎とかかわりを持つようになったりする事が増えています。残りの人生全てをその地域で過ごすお考えでいれば皆さんと同じように、関わりあいを続けるけれどもその地で人生を送るわけではないというお考えであればその都度きちんとお返しをする。こんなふうに考えることもできるのではないでしょうか。

香典返し金額相場もご参照ください

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しのお品も春夏用のお品に衣替え

香典返し.comでご用意させていただく品揃えも2014ー2015年の秋冬商品から春夏商品に切り替えとなりました。通年の食品ギフトやカタログギフトを除く寝具や一部のタオルでは素材に麻やガーゼを使用した新商品が入荷し、ホームページにもご紹介を開始いたしました。

4月になり香典返しのお品選びをお考えの方は相手様の春夏に喜んで使っていただけるお品をお選びください。

弊社ではデパートの店頭と全国では一部のギフト専門店でしか取扱いされない高級品でのみ商品のご提案をさせていただいております。どうぞご安心して先様へのお品選びをされてください。

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しに全て商品券、ビール券でお返しするというお客様とのお話

『香典返しをするので挨拶状だけ香典返し.comさんに 用意してもらえますか・・・』 そんなお客様からのお電話でのご相談。

返礼のお品についてはどうされるかお尋ねしたところ、全ての香典返しについて商品券やビール券・クオカードでお返しされるとのお応えでしたので、弊社ではご挨拶状のみでのご注文は(純粋な印刷会社さんではないので)残念ながらお承りしていないこと。 そして 申し上げづらいながらも 香典返しに金券をおおくりすることで、先様に対して失礼がありうることをお話しました。

例えば会社の上司や社長様など目上の方からいただいた香典に対して、額面が表示された金券をお返しするのは、受け取られる方からすると気分を害されるということです。 3万円や5万円を香典として包んでおくり 1.5万円 2.5万円の金額がリアルに表示された商金券がお返しとして返されるのですから、逆の立場に立って想像すると理解なされたようで、『確かにお金にお金を返すわけですもんね。 そんなにお金に困ってはいないよ・・・って取引先の社長は怒るかもしれねい』とおっしゃっていました。

香典(現金)に対して、金券(現金)で返すのは地域によっては 『ぶり返す』 ともいって忌み嫌うようです。

香典返しにはカタログギフトでお返しをされると額面(金額)がリアルにならずによいと思います。 先程のお客様もほとんどの方へのお返しをカタログギフトに変更され、当社から発送いただきました。

なお、このような場合には数部程度の金券用 ご挨拶状でしたら 別途にご用意させていただくようにいたしております。

香典返しに商品券について

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

香典返しにアンリシャルパンティエを贈る

とにかく店頭でもよくご注文をいただくアンリシャルパンテイェのフィナンシェとマドレーヌ。

御祝い事でのご依頼も多く承りますが、会社などで皆さんに取り分けされる分の返礼としてのお香典返しにも最適で、よくご利用されます。

1040-01

香典返しといえば、昔から椎茸やお茶に加えて煎餅などもよく連想されますが、上品な御菓子にちゃんと香典返し用の熨斗とご挨拶状をお付けすれば今人気のお菓子でも問題はありません。

特にアンリシャルパンティエについて言えば、誰もがしっている一流の菓子。
先様にも感謝の気持ちがきっと届きます。

故人に代わって生前故人がお世話になった方々へのお品選びは喪家にとっても、そして天国の故人様にとってもとても大切な御進物。真心をこめて作られた最高のスイーツをご検討されてはいかがですか?

アンリシャルパンティエのフィナンシェ: 表面の割れは独特の製法により現れるもの。そのしっとりとした絶妙な食感と焼き上がりの香ばしさが閉じ込められた神戸芦屋の文化ともいえる深い味わいを是非お選びください。 お求めは香典返しドットコム

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

冬の時期のお香典返しに

お葬儀からお香典返しの時期が冬の寒い時期となる場合、香典返しのギフト選びでは、あたたかい寝具や、温めて口にする食品ギフトなどが選ばれます。

寝具では、下に敷くボアタイプのパットシーツがご高齢の方へのお香典返しに喜ばれます。ご高齢の方が寝たきりになったりされても、上に掛ける布団や毛布は多くご自宅にお持ちでも、下に敷くシーツやボアタイプの敷パットなどは、タンスの中には残っていません。

これは、毛布や布団が体の上に掛けるために傷まないのに対して、シーツや敷パットシーツなどは、その上に身体が載るので傷みが早いためです。つまり消耗品となるので香典返しで次々受け取っても、その度に新しいパットシーツを広げて使ってもらえます。

冬の寒い時に、下に敷くシーツが温かいとずいぶんどぬくもりが違ってきます。また、和光 香典返し.comではデパートや一部の専門店のみで取り扱いがある一流の寝具をご案内をさせていただいております。

また、食品では冬には鍋用にいただくとありがたい椎茸や、あたたかい久右衛門のお吸い物ニッスイのふかひれスープなど冬に喜ばれる食品ギフトもお勧めいたします。

n_zg50m

25-229