作成者別アーカイブ: wako.plblog

香典返しの代わりに町内会や社会福祉協議会へ寄付

香典返しを町内会や自治会、社会福祉協議会に寄付するのは正式なのですか・・・というご相談を承ります。

地域によるので一概に紋切型の解説はできませんが、一般的に『町内会への寄付』は、生前故人が希望していた場合や、喪家が希望される場合に、ご心配される必要は全く無くありません。少しばかりでも構わないので、寄付されて地域の予算に組み入れていただく事はとても良い事です。

理由の一つとして、寄付を通じて地域の方が、その家の不幸を知る事となります。家族葬や密葬・直葬が広がる今日、地域社会において相互理解が不足していると、遺族が地域の中で孤立していくことになります。

もちろん、災害をはじめ緊急時はもとより、日常の暮らしのなかで支え合いや声かけに繋がらる大切なきっかけとなります。プライバシー保護が求められる時代ですが、一切を封じる事無く、多世代の共生が理想とされる高齢化人口減少社会において、香典返しとしての町内会への寄付は、葬儀後に丁度良いタイミングで故人の他界をお知らせするツールとして理想的だと考えられます。

一方で、社会福祉協議会や大きな自治会などの場合、その組織の運営の在り方によって、寄付が理想的であるか否か、大きく評価が分かれます。

社会福祉協議会などの場合、市単位など広域での組織運営となっており、市役所職員の天下り先や、地元政治家や古くからの商売関係の方などが出入りしているため、利権の温床となっている場合もあります。地域の新聞報道でも良くあるように、社会福祉協議会の経費で数百万円の使途不明金が問題になったりもします。これらの報道は氷山の一角と見られ、健全に運営されている社会福祉協議会がある一方、そうで無い組織もあることがわかります。

また、町内会と比較して、社会福祉協議会などが直接に地域社会と喪家との架け橋になる事は考えにくい点があります。特殊な場合を除き、一般的な家庭であれば、町内会への寄付には合理性があり、社会福祉協議会への寄付は各家の判断に委ねられるものと考えると良いのではないでしょうか。

ご近所への香典返し

 

香典返しや法事引き出物 北海道(札幌市・江別市・恵庭市・千歳市・石狩市・北広島市・小樽市・函館市・北斗市・室蘭市・苫小牧市・登別市・釧路市・根室市・稚内市・帯広市)の事情

北海道に転居されて葬儀に参列するとまず驚くことに、受付で香典の中身が確認されることと、
その場で香典金額を記した領収書を手渡されることがあります。
また告別式後、火葬場へ移動する際にご遺体と親族一同は霊柩車ではなく、専用の霊柩バスを利用することがあります。
道外との葬儀慣例の違いは大きくこの二点となります。

そうはいっても北海道全域は広域なので冠婚葬祭の習慣も地域により異なることがございますが
札幌などの都市部での傾向として、葬儀告別式の後に親族で初七日法要から四十九日法要までを取り上げの法要として
一度に済ませてしまうケースがみられます。

勿論、後日四十九日にあらためて親族で集まり法要を行う方も多いので、その際は事前に僧侶,仕出し,引き出物を依頼しておきます。
また四十九日法要を葬儀の日に済ませている場合でも、高額の香典に対してはこの時期に香典返しをおくります。

札幌市内でしたら、三越・大丸・東急・丸井今井などデパートで求めることができますが、広い道内ではインターネットによる注文を選ぶ方が多いと思います。
北海道庁

<エリア>
札幌市・江別市・恵庭市・千歳市・石狩市・北広島市・小樽市・函館市・北斗市・室蘭市・苫小牧市・登別市・釧路市・根室市・稚内市・帯広市

道外の方におくる香典返しで人気のカタログギフト:

グルメ・ザ・北海道

北海道美食彩紀行

北海道 七つ星ギフト

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

□葬儀・告別式やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
会葬御礼葉書・紙袋 無料
会葬御礼品

□葬儀・告別式の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
巻紙御挨拶状・紙袋 無料
当日香典返し

香典返しや法事引き出物 長崎県(長崎市・佐世保市・島原市・諫早市・大村市・平戸市・松浦市・対馬市・壱岐市・五島市・西海市・雲仙市・南島原市)の事情

長崎県の一部地域では故人の衣服や着物を裏返しにして吊るし、一週間ほど水をかけて常に濡れた状態にする風習があるそうです。これは「水かけぎもん」「逆さぎもん」と呼ばれ、確かな理由はわかっていませんが、「死者のけがれを水で清める」という意味が込められているようです。

また、遺族が「天冠」「宝冠」と呼ばれる白い三角布を頭に着けて火葬場へ向かいます。これは死装束の一種だそうです。白い色は、この世とあの世を結ぶ霊界の象徴と考えられ、白い布を身につけて白装束姿の故人と同じ姿になる事で”この世とあの世の境まで一緒に見送ります。その先は一人で旅立ってください”という意味が込められているそうです。一部の地域では女性が綿の帽子をかぶったり、出棺の時に白い布を頭にかぶった遺族が棺を持って霊柩車まで運ぶ地域もあるそうです。

出棺の際に柩を回すという風習があり、この風習は西日本各地で見られます。諸説ありますが、柩を回して故人の方向感覚を無くして家に戻れないようにする為だそうです。また「故人が迷う事無く冥土へ赴いて成仏してほしい」という願いが込められているそうです。同様に出棺の際に、遺族が故人の茶碗を割るという「茶碗割の儀式」の風習もあります。この風習は「あなたがいつも使っていた茶碗はもうありません。迷わず成仏してください」という故人がこの世への未練を絶ってあの世へ行けるようにという願いが込められています。

通夜について、長崎県の通夜は静かに行われるのが一般的で、飲食も魚や寿司などが出される事は稀だそうです。一部の地域では通夜を行わない地域もあるそうです。

葬儀について、長崎県は「前火葬」と「後火葬」の地域が混在しているそうです。その為、故人のお顔を見る為に参列しても見る事ができない場合があります。通夜振舞いは近親者や親族だけで行われる事が多いそうです。前火葬については、葬式の朝早くに火葬するケースもあるようです。

長崎県はお香典とは別に「お目覚まし」と呼ばれる風習があります。これは「お目覚まし」と書かれた封筒に千円前後のお金を入れて、ご遺族へ渡す風習の事です。焼香時、焼香台に備えてあるお盆に焼香銭として小銭を置く風習があるそうです。

長崎県周辺の方はイオンやアミュプラザなどで依頼されるようです。

長崎県

<エリア>
長崎市,佐世保市,島原市,諫早市,大村市,平戸市,松浦市,対馬市,壱岐市,五島市,西海市,雲仙市,南島原市,長与町,時津町,東彼杵町,川棚町,波佐見町,小値賀町,佐々町,新上五島町
香典返しをご注文

香典返しのしきたり

長崎県庁

□葬儀・告別式やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
会葬御礼葉書・紙袋 無料
会葬御礼品

□葬儀・告別式の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
巻紙御挨拶状・紙袋 無料
当日香典返し

仏事の行事などについては地域によって、業者によって、ご近所やご親戚などのご意見番といわれる方によってさまざまなお話がなされると思います。
それらのお話で、どうも腑に落ちないという方に、40年以上この仕事に関わってきた者として『そもそも葬儀後の香典返しとは・・』というところから、葬儀および香典返しついて詳しくご説明いたします。
業者の都合による理屈、地域による違いまで納得に近づけると思います。

香典返しや法事引き出物 沖縄県(那覇市・宜野湾市・石垣市・浦添市・名護市・糸満市・沖縄市・豊見城市・うるま市・宮古島市・南城市)の事情

沖縄県の新聞には一般の方の訃報広告ページが設けられており、故人の氏名や喪主の氏名、葬儀の日時、同居の家族名などの名前が掲載されるそうです。キリスト教の信者の場合、お名前の上に小さく十字架を入れるケースもあり、ある地域では公民館等の公共施設から有線放送で放送されるそうです。

沖縄県では枕飾りに豚の三枚肉をお供えする風習があります。
枕飾りとして、白木の位牌、お花やおまんじゅう、お箸を立てた一善飯、豚の三枚肉、味噌、塩などをお供えします。この豚の三枚肉をお供えするという風習は沖縄特有のものといえます。

沖縄県の棺は他県の棺と比較すると棺の深さがあり長さが短い物を使います。
故人を納棺するときに膝を少し立てて納棺する風習によるものです。

沖縄のお墓は他県のお墓と比較すると家と見間違える程屋根付きで大きい亀甲墓や破風墓が数多く建っています。これは故人のご遺体を自然に白骨化させる風葬や洗骨の風習からきているそうです。今日ではお墓の風習だけが残っているようです。沖縄県では葬儀の前に火葬を行う「前火葬」多く、夏場は通夜を行わず火葬するケースもあるようです。

沖縄県周辺の方は三越などで依頼されるようです。

okinawamap

<エリア>
那覇市,宜野湾市,石垣市,浦添市,名護市,糸満市,沖縄市,豊見城市,うるま市,宮古島市,南城市,国頭村,大宜味村,東村,今帰仁村,本部町,恩納村,宜野座村,金武町,伊江村,読谷村,嘉手納町,北谷町,北中城村,中城村,西原町,与那原町,南風原町,渡嘉敷村,座間味村,粟国村,渡名喜村,南大東村,北大東村,伊平屋村,伊是名村,久米島町,八重瀬町,多良間村,竹富町,与那国町

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

沖縄県庁

□葬儀・告別式やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
会葬御礼葉書・紙袋 無料
会葬御礼品

□葬儀・告別式の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
巻紙御挨拶状・紙袋 無料
当日香典返し

仏事の行事などについては地域によって、業者によって、ご近所やご親戚などのご意見番といわれる方によってさまざまなお話がなされると思います。
それらのお話で、どうも腑に落ちないという方に、40年以上この仕事に関わってきた者として『そもそも葬儀後の香典返しとは・・』というところから、葬儀および香典返しついて詳しくご説明いたします。
業者の都合による理屈、地域による違いまで納得に近づけると思います。

香典返しや法事引き出物 青森県(青森市・弘前市・八戸市・黒石市・五所川原市・十和田市・三沢市・むつ市・つがる市・平川市)の事情

青森県のお葬式は広い範囲で前火葬が行われています。諸説ありますが、昔のお殿様が暑い夏にお亡くなりになり、葬儀の準備を行っている間にご遺体が傷まないように火葬を先に行った事がはじまりといわれています。雪深い地域だった為、皆が集まるまで火葬まで行っておいたという説もあります。

青森県ではお葬式を行う家では、忌中であるという事をお知らせする為、長さが1.5m程度の木の棒を2本クロスに交差させバツ印にしたものを門に飾る”もがり”と呼ばれる風習があるそうです。亡くなられた方を棺に安置し葬式までの間、死者と共に生活する事で死者を慰めるという儀式や名称の事で「亡くなられた方が葬儀を待っています」という事を知らせる意味だけが残っているようです。

青森県内の一部地域では葬式が終わった家に近所の方々が集まって遺族をねぎらう”ゆどき”と呼ばれる風習があるそうです。火葬場でお骨上げ(収骨)を行った後、骨壺などに収めた遺骨は容器に入ったまま納骨される事が一般的です。ところが青森県の多くの地域では納骨時に骨壺などの容器から遺骨を出して、その状態で納骨するという方法をとっているそうです。

青森県周辺の方はさくらの百貨店などで依頼されるようです。

青森県の地図

<エリア>
青森市,弘前市,八戸市,黒石市,五所川原市,十和田市,三沢市,むつ市,つがる市,平川市,東津軽郡,平内町,今別町,蓬田村,外ヶ浜町,西津軽郡,鰺ヶ沢町,深浦町,中津軽郡,西目屋村,南津軽郡,藤崎町,大鰐町,田舎館村,北津軽郡,板柳町,鶴田町,中泊町,上北郡,野辺地町,七戸町,六戸町,横浜町,東北町,六ヶ所村,おいらせ町,下北郡,大間町,東通村,風間浦村,佐井村,三戸郡,三戸町,五戸町,法事,引き出物,田子町,南部町,階上町,新郷村
香典返しのお返しをご検討中のお客様は こちら <<<

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

青森県庁

□葬儀・告別式やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
会葬御礼葉書・紙袋 無料
会葬御礼品

□葬儀・告別式の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
巻紙御挨拶状・紙袋 無料
当日香典返し

仏事の行事などについては地域によって、業者によって、ご近所やご親戚などのご意見番といわれる方によってさまざまなお話がなされると思います。
それらのお話で、どうも腑に落ちないという方に、40年以上この仕事に関わってきた者として『そもそも葬儀後の香典返しとは・・』というところから、葬儀および香典返しついて詳しくご説明いたします。
業者の都合による理屈、地域による違いまで納得に近づけると思います。

香典返しや法事引き出物 岩手県(盛岡市・宮古市・大船渡市・花巻市・北上市・久慈市・遠野市・一関市・陸前高田市・釜石市・二戸市・八幡平市・奥州市・滝沢市)の事情

岩手県は交通手段が今ほど発達していなかった昔、雪深く山が多い為、人の行き来が今と違って簡単ではありませんでした。その為、葬儀の文化も地域によって様々です。訃報をお知らせする際には男性2人1組で亡くなった旨をお知らせします。飛脚のように直接伝える事が昔からの風習で2人1組で廻ると決まっていたそうです。2人で廻る事で伝達の漏れや誤った連絡を避ける為といわれています。

火葬について前火葬が一般的ですが、火葬から葬儀まで3日から5日程度時間を空ける地域もあるようです。漁師町では人が亡くなっても船で漁に出ているので戻ってきません。陸に残った近親者だけで先に火葬を行い、漁に出ていた方々が戻ってきてから火葬の後に葬儀を行う(骨葬)という習慣ができたそうです。

また、お通夜は1回ではなく、お通夜は葬儀までの間に毎晩供養を行い、毎晩供養を行う事を「お通夜」としているそうです。お通夜の開始時刻は夕方の6時頃から始まり1時間程度で終わる事が多いのですが、釜石市などの一部地域ではお通夜の時間が決まっておらず日没後、弔問客が途切れるまで行われる場合もあるそうです。自宅の通夜に招待された場合は食事料をお香典とは別にお包みするそうです。葬儀会場には参列者の方から先に入ります。その後から遺族が入場し、次に僧侶が入場して葬儀が始まります。

岩手県北上市周辺の方は百貨店などで依頼されるようです。
香典返しのお返しをご検討中のお客様は こちら <<<

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

岩手県庁

盛岡市周辺では葬儀参列より多くの方々が火葬場に来られます。その為、葬儀と同様に「会葬御礼品」をご用意します。

三途の川の渡り賃としての六文銭(昔は本物の六文銭を入れていた)が岩手県では紙に”100万円”と書いたものを棺に入れる風習があるそうです。故人があの世で金銭的に困らないようにとの願いが込められているようです。また、”1千万円”や”1億円”と書くこともあるそうです。

□葬儀・告別式やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
会葬御礼葉書・紙袋 無料
会葬御礼品

□葬儀・告別式の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
巻紙御挨拶状・紙袋 無料
当日香典返し

仏事の行事などについては地域によって、業者によって、ご近所やご親戚などのご意見番といわれる方によってさまざまなお話がなされると思います。
それらのお話で、どうも腑に落ちないという方に、40年以上この仕事に関わってきた者として『そもそも葬儀後の香典返しとは・・』というところから、葬儀および香典返しついて詳しくご説明いたします。
業者の都合による理屈、地域による違いまで納得に近づけると思います。

香典返しや法事引き出物 宮城県(仙台市・気仙沼市・石巻市・大崎市・白石市・塩竈市)

宮城県では「通夜振舞い」と呼ばれる風習があります。小豆を混ぜてもち米を炊いたおこわを出すご家庭もあるようです。通夜振舞いは故人の再生を願う意味がありましたが、今日では故人の近親者が集まり偲ぶための食事で、通夜振舞いに対して「お悔み」として香典とは別に1000円~2000円程を包む地域もあるようです。

また、宮城県の一部地域では出棺の際に男性は白い三角形の布を頭につけ、女性は白い頭巾をかぶる風習があります。これは白い布を身につける事で「旅立ちまで共にお見送りします」という思いが込められているそうです。

宮城県近郊では「契約講(けいやくこう)」や「講中(こうじゅう)」と呼ばれる近隣の組織が残っており10軒程度で喪家のお手伝いをするそうです。地域によっては仕事よりも地域の葬儀を優先という地域もあるそうです。白石市などの一部地域において、お香典を受け取らない地域もあるようです。

仙台市周辺の方は三越や、さくら野百貨店などの専門店等で依頼されるようです。

miyagiken

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

宮城県仙台市

□葬儀・告別式やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
会葬御礼葉書・紙袋 無料
会葬御礼品

□葬儀・告別式の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
巻紙御挨拶状・紙袋 無料
当日香典返し

仏事の行事などについては地域によって、業者によって、ご近所やご親戚などのご意見番といわれる方によってさまざまなお話がなされると思います。
それらのお話で、どうも腑に落ちないという方に、40年以上この仕事に関わってきた者として『そもそも葬儀後の香典返しとは・・』というところから、葬儀および香典返しついて詳しくご説明いたします。
業者の都合による理屈、地域による違いまで納得に近づけると思います。

香典返しや法事引き出物 秋田県(秋田市・熊代市・横手市・大館市・男鹿市・湯沢市・鹿角市・由利本荘市・潟上市・大仙市・北秋田市・にかほ市・仙北市)の事情

秋田県は地域によって様々ですが他の件との大きな違いは火葬を先に済ませる事です。先に火葬を済ませておりますので葬儀の時は既に「お骨」の状態で葬儀を行うそうです。これを「前火葬」といいます。「前火葬」は通夜の前に行う場合と通夜の後に行う場合があります。

また納棺を大切にする風習があり湯かんの儀といいご遺体をお湯で綺麗に洗い清める儀式が行われるケースも多いようです。枕飾りとして枕団子や一膳飯などが飾られます。訃報をお知らせする際には男性が二人一組となって報せに回るという習慣があります。(知らせ回り)

そして県内一部地域では葬儀後に近所の人々が喪家の家に集まり遺族をねぎらう「ゆどき」という風習があります。念仏講や観音講という地域組織に属する女性が集まって「御詠歌」を詠ったりするそうです。仏教の教えを5・7・5・7・7の和歌にして旋律に合わせて歌うもので、これを御詠歌(ごえいか)といいます。仏具で用いる「れい」と呼ばれる鈴や雅楽で用いる鉦鼓(しょうこ)等を用いて唱和します。秋田県は葬儀当日に納骨まで行う事が多いそうです。

秋田県の県南地区では「丑の日」を避けて葬儀を行う風習があるそうです。友引も葬儀を避けますので、この地域では葬儀が行えない日が他の地域より多いようです。

秋田市では葬儀の際に血縁関係の無い近隣の方々が葬儀を手伝ってくれるそうです。また料理や仕出しなども手伝ってくれるそうです。また火葬までの間に「おたいや」という葬儀の合間の小さな会食があり、身内や近い親族のみで見送る儀式です。その後、通常の火葬が行われた後に葬式を行います。

秋田市周辺の方は西武や木内百貨店などの専門店等で依頼されるようです。
香典返しのお返しをご検討中のお客様は こちら <<<

秋田県

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

秋田県庁

□葬儀・告別式やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
会葬御礼葉書・紙袋 無料
会葬御礼品

□葬儀・告別式の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
巻紙御挨拶状・紙袋 無料
当日香典返し

秋田県の葬儀に参列する場合、地域によってはお香典以外に線香セットや現金などを御香料として包む場合があります。町内では野菜代、お米代として200円~300円を集め葬家に届けるという風習もあります。焼香においては小銭を置いて焼香するという風習があり、線香を焼香する際に小銭を供える事は各地で行われているようです。秋田県は焼香の際に小銭を数十円程度、焼香の盆に備える事が多いようです。

仏事の行事などについては地域によって、業者によって、ご近所やご親戚などのご意見番といわれる方によってさまざまなお話がなされると思います。
それらのお話で、どうも腑に落ちないという方に、40年以上この仕事に関わってきた者として『そもそも葬儀後の香典返しとは・・』というところから、葬儀および香典返しついて詳しくご説明いたします。
業者の都合による理屈、地域による違いまで納得に近づけると思います。

香典返しや法事引き出物 福井県(福井市・あわら市・越前市・大野市・小浜市・勝山市・坂井市・鯖江市・敦賀市)の事情

福井県には地域によって様々な風習があり、四十九日後(忌明け)に遺骨を分骨する事場合があるや一部の地域で葬儀を行う際に女性が集まり仏教の教えを5・7・5・7・7の言葉で和歌にした御詠歌を詠(うた)うという風習があり今でも見られる光景です。嶺南地方の一部地域では出棺の際に棺にお米をまき、故人が愛用していたお茶碗を割ったりします。嶺北地方では、出棺の際にお米をまいたりお茶碗を割ったりするような風習は見られないそうです。

おおい町では町内や近隣への香典返しを行わないというしきたりや、小浜市では亡くなった日は一日中、寝ずに側で過ごしたり、半返しを辞退したりなど、地域によって様々な風習があるようです。

また、沿岸部では、長寿を全うしての大往生を葬儀の際に『赤飯』を用意して祝うことがあるようです。これは地域が変わってもご長寿の方が亡くなった時の四十九日に紅白の餅を用意する事と近く、日本国中で同様の習慣があります。鎌倉時代頃まではお米が赤く、赤には霊力や生命力があると信じられており神事のあとに炊いてこれを食べる習慣がありました。災いを福に転じさせる意味合いもあるようです。

赤飯

福井市周辺の方は西武で依頼することも多いようです。
香典返しのお返しをご検討中のお客様は こちら <<<

福井県全域地図

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

福井県県庁

□葬儀・告別式やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
会葬御礼葉書・紙袋 無料
会葬御礼品

□葬儀・告別式の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
巻紙御挨拶状・紙袋 無料
当日香典返し
仏事の行事などについては地域によって、業者によって、ご近所やご親戚などのご意見番といわれる方によってさまざまなお話がなされると思います。
それらのお話で、どうも腑に落ちないという方に、40年以上この仕事に関わってきた者として『そもそも葬儀後の香典返しとは・・』というところから、葬儀および香典返しついて詳しくご説明いたします。
業者の都合による理屈、地域による違いまで納得に近づけると思います。

香典返しや法事引き出物 岐阜県(岐阜市・大垣市・羽島市・各務原市・本巣市・多治見市・中津川市・恵那市・土岐市・関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・高山市・飛騨市・下呂市)の事情

岐阜県には昔は全国的にみられた『葬式組』や『組仲間』が今日においても残っている地域があります。
葬儀の際には組仲間の者が仕事よりも葬儀の手伝いを優先させるという近隣の組合です。
無尽や頼母子講などとともに全国に存在した地域の単位も、岐阜県の山間部では地域内での助け合いが合理的であることから今に続いています。

岐阜県地図

また、岐阜県の東濃地方などでは葬式に際し、竹で編んだ「花籠(はなかご)」に小銭や菓子を入れて用意し、喪主が竹竿の先に花籠を結び付け、竿を揺らすようにして小銭を落とすことがあります。
亡き人がご長寿で天寿を全うした際に、めでたいこととして行うものです。故人の長寿にあやかっていただこう、知らない人にも分け隔てなく現世の皆さんに施しを与えることで故人が来世においても功徳を積めると考えられた事が始まりのようです。

葬儀会社の取り組みにより葬儀当日に香典返しを手渡す即日返しが増えていますが、即日香典返しによる葬儀費用の増大が問題となり、近年では、葬儀当日は低額の会葬御礼品にとどめ、四十九日に香典金額に応じた香典返しをすることで葬儀費用の削減が図れることが大きな見直しとされています。

岐阜市の高島屋や大垣市のヤナゲン百貨店で価値ある品を用意する喪家や、インターネットで四十九日のギフトを用意して、葬儀社ペースですすめられるのではなく、当日はよく判らないままにすすめられる変動費の出費を極力抑えるように、しかし多くの方に葬儀には参列してもらうという賢い喪家の意見が聞かれるようになっています。費用削減のためだけの家族葬などとせずに、故人との別れを広くもってもらうようにする考えも失われないため、温故知新をもって見直されています。
(実際には家族葬でもかなりの請求となり、香典が多く集まる方が喪家の金銭的な負担は抑えられます。ただし、参列すればするほど赤字となる即日香典返しを断り、昔ながらの四十九日の香典返しを半返しでするという考えに立ち戻る必要があります)

香典返しをご注文

香典返しのしきたり

岐阜県庁

□葬儀やお別れの会の会葬御礼品(500円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
 会葬御礼はがき・手提げ袋 無料
会葬御礼品

□葬儀の即日香典返し(2000~3000円程度の品)を価値ある商品でご用意したい
 巻紙御挨拶状・手提げ袋 無料
即日香典返し